FC2ブログ
グロースファクター 薄毛対策
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
節電の呼びかけ
こんにちは、FM放送局唯一のパーソナリティ
ファシリティマネジャーの藤原雅仁です。


節電呼びかけポスター

↑節電呼びかけポスターです、他にもいっぱいあります
URL=http://setsuden.tumblr.com/

利用は自由だそうです「街中に貼ってくれ」と、確かにポスターは効果のある啓蒙グッズです
オフィスの掲示板やスイッチの近くに貼ってありませんか?
もし、まだでしたらサイトからダウンロードして貼ってみては!!


このようなポスターのサイトの情報や、東京電力の本日の電力需給のグラフ、関係業界及び省庁の情報などJFMA環境部会の委員の方を中心としたメーリングリストにより発信されてきます。

本日も既に3通受信しておりますが、その中にあったJFMAからの情報です
全国のFMer(ファシリティマネジャー)宛てに「緊急節電に協力しましょう」とあります

オフィスで出来る節電施策を簡単に、イラスト入りでわかり易くまとめられています
すぐにでも取り掛かれることばかりです、そしてそのままオフィスの省エネ施策として継続できるものばかりです、おすすめですのでぜひご活用ください↓

URL=http://www.jfma.or.jp/news/setsuden110323.pdf


わかっちゃいるけど、やめられない♪
じゃなくって「やれないわ」なんて場合は、節電呼びかけポスターを 

節電呼びかけポスター2 ←こんな使われ方もしています




ブログランキング・にほんブログ村へクリックするとランキング応援票になります/コンサルタント・コーチ環境情報
スポンサーサイト
[2011/03/24 17:26] | オフィスの省エネ施策 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
定時に帰ろう!
こんにちは、FM放送局唯一のパーソナリティ
ファシリティマネジャーの藤原雅仁です。

秋の日はつるべ落とし
この時期このことわざをよく思い出します、ついこの間までまだ明るかったのに・・・
本当に早いですよね。

明るい時間が短くなって、暗い時間が長くなるということは
貴重な明るい時間を無駄なく過ごす
暗い時間にゆったりと落ち着いたことをやる。

明るい時間は「活動的」
暗い時間は「のんびり(休息)」
そんなイメージがあるからです。

皆さんはいかがですか?
そんな連想が成り立ちませんか?

お父さん、たまには早くお家に帰って一家団欒
家族皆で鍋でもつつきましょうよ(ちょっとまだ時期的に早いか?野菜も高いし)

さて、そこで本日の放送のテーマは「定時に帰ろう!」
3日前から朝日新聞朝刊の経済面に連載されはじめた「いまオフィスで」という記事のサブタイトルです。今日で3回目ですね。

私はオフィスという言葉に敏感です

初回では設定時間を越えて残業をする人が集まる「ホタルエリア」についてふれられていました。
ノー残業デーの実施はそれだけで省エネ効果が期待できます。
「ホタルエリア」はそのエリア限定に照明を点灯し節電効果がある(空調もエリア制御ならばなお良し)、暗い中でそこだけ明るいのでそう名づけられたとのこと。

ちょっと聞いたことがあるような、無いような・・・
最終設定時間を超えてしまうと、照明、空調は強制ストップ!
あとは手元のタスクライトのみでお仕事。傍から見たら怖いでしょうね



ブログランキング・にほんブログ村へクリックするとランキング応援票になります/コンサルタント・コーチ環境情報
[2010/10/07 17:05] | オフィスの省エネ施策 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
オフィスの省エネ施策 つづき
こんばんは、FM放送局唯一のパーソナリティ
ファシリティマネジャーの藤原雅仁です。

今回の放送は前回放送の最後の部分から
予算があればまず前者だが、とりあえずお金をかけずに後者から。
現在の厳しい経営環境では、いたし方のない判断である。

省エネとは使用するエネルギーを削減すること、そしてそれは、コスト削減となることである。短絡的にコスト削減という甘い言葉には食いつきが良いが「長い目で見て結果的に」という言葉が前置きとして付くと一歩引いてしまう。初期投資分はどれ位で元が取れるのか?5年か或いは10年か…せめて3年くらいならまだしも…というように、とりあえずお金をかけないところから、ということになるのだと思う。
実際、温室効果ガスの排出量の削減効果を強調しご理解いただけても、コスト削減面での長い目で見た費用対効果で不採用、といったすぐれた省エネ設備を扱われている方の話しをうかがったことがあります。

我が国の部門別温室効果ガス(CO2において)の排出量の内訳のうち

                  業務(オフィスビル・店舗等)   
民生部門  ――           +            ――   計約30%
                      家 庭            
となっており、1990年の基準年に比べ大幅に増加している部門なのである。そして、この部門での省エネを強化するために省エネ法が改正されたのである。

地球温暖化防止が叫ばれ環境経営に対する配慮が企業の社会的責任(CSR)として、また省エネ法等の法令遵守(コンプライアンス)として、経営層においてはオフィスの省エネ施策の程度を英断していただきたいところである。


つづく…




ブログランキング・にほんブログ村へクリックするとランキング応援票になります/コンサルタント・コーチ環境情報
[2010/01/14 20:26] | オフィスの省エネ施策 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
オフィスの省エネ施策
こんばんは、FM放送局唯一のパーソナリティ
ファシリティマネジャーの藤原雅仁です。

今回の放送は「オフィスの省エネ施策」となりますが、とうてい一回の放送では終わらない内容です。何回になるかはわかりませんが、続けて順番に放送できるかもわかりませんが、内容も支離滅裂になる恐れもございますがそろそろ取上げる頃かなと思いおもいきって放送いたします。

ブログ記事分類上のカテゴリも「オフィスの省エネ施策」として独立新設いたしましたので、過去記事参照される場合は左メニュー欄下の方にカテゴリ欄がありますので、そちらからご参照ください。それだけこのタイトルには力が入っているとご理解ください。

「オフィスの省エネ施策」には省エネ機器や省エネ設備の採用などハードによるものと、オペレーション・行動などソフトによるものとがある。

つまり


「オフィスの省エネ施策」には費用投資が必要なものと、とりあえず費用がかからないものとがある。

そこで


前者と、後者どちらも行うのがもっとも省エネ効果が高い。

それは判っている

が、しかし


予算があればまず前者だが、とりあえずお金をかけずに後者から。

つづく…




ブログランキング・にほんブログ村へクリックするとランキング応援票になります/コンサルタント・コーチ環境情報
[2010/01/12 22:46] | オフィスの省エネ施策 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。