FC2ブログ
グロースファクター 薄毛対策
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
家庭の省エネエキスパート検定【診断・指導級】研修
こんにちは、FM放送局唯一のパーソナリティ
ファシリティマネジャーの藤原雅仁です。

今月も今日で最後ですが
家庭の省エネエキスパート検定【診断・指導級】研修を17,18日と2日にわたり受けました


省エネセンター認定制度について参考

↑拡大表示(別ウインドウで開きます)


上の資料はJFMA環境部会の定例会において、以前に私が発表した際に自製したもので
一般財団法人省エネルギーセンター認定制度内における私のあゆみです。

※資料右下部に家庭の省エネエキスパート検定【診断・指導級】研修の募集数がありますが
東京20人?しかも受付先着順という信じられないものでした。当然のごとくあぶれ
急遽、日程追加になり無事研修を受けられたのでした・・・


以前の放送にては以下を参照
 ☆省エネ普及指導員研修
 ☆家庭の省エネエキスパート検定

家庭の省エネを診断するためのサポートシステム(エクセルで組まれたもの)を使用し
研修の最後ではモデルケースをシュミレーションし診断レポート作成する
そこに惹かれ、サポートシステムを入手できることに意義があるとさえ思っておりました

実際、入力データさえしっかりあれば簡易的に結果が導き出されよく出来ていると思います
推計値の利用や入力データの入手・精度等に関して、なかなか突っこみどころ満載で
逆に言うと、診断先でも突っこまれどころ満載!!

それにどう対処するかも経験値が問われる、正に未知のワクワクシステム

まあ、これはこういうものと理解しておくということが肝心

私的には、コミュニケーションツール
診断先とどう話し、省エネ意欲を引出、省エネという結果を出していただくように出来るのか
要はここだと思います。

例えば最新の省エネ家電に買い換える(もしそうだとしたら)とこんなに効果がありますよ的な
という部分もあるので、あくまでも買い替えをおススメするのが目的ではありません
参考程度にお知らせしているだけです、誤解の無いように 

さあ、私も伊達や酔狂でお金を払って2日間を費やしたわけではありませんので
これを価値あるものにするもしないも自分次第と肝に銘じましょう 







ブログランキング・にほんブログ村へクリックするとランキング応援票になります/コンサルタント・コーチ環境情報


スポンサーサイト
[2013/04/30 18:16] | 省エネ普及指導員関連 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
今年の省エネ先生
こんにちは、FM放送局唯一のパーソナリティ
ファシリティマネジャーの藤原雅仁です。

先日、川崎市立下沼部小学校図書室にて
5年生の皆さんと保護者の方々に、省エネ出前授業で省エネ先生を務めてきました。
この学校は昨年夏に引き続き2回目、昨年も5年生だったからその子達は現在6年生。

昨年は大人しめの雰囲気で反応もやや薄
(言い換えれば静かにしっかりとお話を聴くタイプ)

しかし、今年は反応というか元気がある
(なかなか静かにお話を聴いてくれないタイプ)



121128_出前授業風景



ご覧の様にテレビモニターでマイク無しの肉声

1:60

なんとか伝えようと必死になった私は、声を張り上げてしまう始末・・・

時間も押していたので、早口になり、声を張り上げの悪循環

なんとか要所要所で気を取り直し無事終了しました。

今回は最後に質疑応答の時間を設けようともくろんでいたのに
その余裕もなく、スポーツの試合をひとつ終えたような疲労感すら覚えました

今後は教育面での強化を計り、ぜひリベンジをしたいと心密かに誓ったのでした。



ブログランキング・にほんブログ村へクリックするとランキング応援票になります/コンサルタント・コーチ環境情報

[2012/12/11 15:18] | 省エネ普及指導員関連 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
家庭の省エネエキスパート検定
こんにちは、FM放送局唯一のパーソナリティ
ファシリティマネジャーの藤原雅仁です。

先月5日に試験受けました、そして
先日封書にて合格通知を受け取りました、やれやれです

今回が検定試験実施二回目で、昨年の初回検定試験が行われる前に
省エネセンターからのメールにて案内はいただいておりました。

昨年受けなかった理由は、省エネ普及指導員は何なんだ?
という疑問がわいたためでした、かぶるのではないかと・・・

そして今年の4月に受信した案内には

「家庭の省エネエキスパート検定と省エネルギー普及指導員制度についてのお知らせ」

というタイトルにて、試験の案内と気になる以下の内容が記されておりました

 長らく実施してきました省エネルギー普及指導員制度ですが、本事業との重複もある
ことから、平成26年3月末で終了させていただくことになりました。この間、皆様には普及
活動においてご尽力いただきましたことを御礼申し上げます。

 なお家庭の省エネエキスパート合格者を対象とした「家庭の省エネエキスパートクラブ
(仮称)」を立ち上げることになっております。同会を通じてネットワークの構築を図っていく
ことになっております。


え~省エネ普及指導員の方がいい!! 聞こえもええのに!!

と、駄々をこねても仕方ないので、そういうことならと今回受験しました。

今後は、家庭の省エネエキスパート(診断・指導級)研修:平成24年11月以降実施予定
というのがあるそうで、「家庭の省エネエキスパート」検定合格者を対象に研修を実施
終了者は家庭の省エネエキスパート(診断・指導級)として認定。

それを目指します。




ブログランキング・にほんブログ村へクリックするとランキング応援票になります/コンサルタント・コーチ環境情報




[2012/09/06 17:23] | 省エネ普及指導員関連 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
「省エネ冷蔵庫クラブ」
こんにちは、FM放送局唯一のパーソナリティ
ファシリティマネジャーの藤原雅仁です。

本日の放送は「省エネ冷蔵庫クラブ」について
何かと申しますと

経済産業省が実施する「省エネ家電買換えによるCO2排出削減・計測認証事業」の一部として
2011年4月以降に冷蔵庫を購入し諸々の条件に当てはまり
計測データ提出に協力できることを前提に申し込み入会し、選ばれれば計測機器が送られてきて取り付け接続等の作業をして来年1月末まで計測協力する。

というもので、詳しくは 一般財団法人 省エネルギーセンターの
該当WEBサイトをご覧ください。

☆現在、募集人数に達し 申込受付を締め切られています☆


スマートエコワット

スマートエコワット 冷蔵庫の電源に取り付けます
3秒毎に電気料金→使用電力量→CO2排出量→1時間あたりの電気料金が表示されます




スマートゲートウェイ

ネット接続の部分で送られてきたのはスマートゲートウェイ(左)
そして私の場合はルーター(右)




おんどり

冷蔵庫の扉にぶら下げた「おんどりJr.」なる温度計でデータ溜め込み型です


私は選ばれたみたいで、以上の機器その他付属品が貸与されました
家電製品の買い替えによる、CO2排出削減の計測認証のためのデータ取りなのですが

スマートエコワットWEBサービスというオンラインで計測したデータを閲覧でき
見える化することにより日々の暮らしの中で省エネ行動を実践するという
目的のためにも利用できます。

詳しくは次回へつづく・・・






ブログランキング・にほんブログ村へクリックするとランキング応援票になります/コンサルタント・コーチ環境情報

[2012/08/20 17:09] | 省エネ普及指導員関連 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
省エネ先生その後
こんばんは、FM放送局唯一のパーソナリティ
ファシリティマネジャーの藤原雅仁です。

喉もと過ぎれば熱さ忘れる
ではないですが、昨年の夏のこと、節電のこと思い出してください

私もあれ以来心がけてはいたつもりです
実際、昨年の我が家の電気使用量は一昨年に比べ確実に減っていました。

昨年夏は省エネ先生として2校にて出前授業を受け持ち
その後そのうちの1校の先生より、お礼のお手紙にあわせて授業に対するこどもたちのまとめを幾つか送っていただいておりました。

それは、「わかったこと、思ったことを書きましょう」という欄です

・エネルギーがすごく大切なことがわかりました

・省エネとエネルギーの意味がわかったのでよかったです

・今日、わたしが思ったことは一日でこんなにエネルギーを使っているのだということです

・わたしは、エネルギー資源が少なくなっていることを知ってあんまり電気とかを使わないように
 したいと思いました。節電といっても何をしたらよいのかわからなかったから、とてもよかった
 と思います。わたしは、身近なところからやってみようと思います。

・水道やガスなどがお金がかかるとは思わなかった

・コンセントは抜いたほうがいいのがわかったので、私の力で抜けるものは、抜くようにしよう

・冷蔵庫の物をとる時は、開ける前に何をとるか考えてからとろうと思った

・エアコンの温度をもっと高くしようと思いました


などなど、こどもたちの字で書かれていてしっかりと聞いていてくれたんだと
あらためて感激したものでした。

みなさん、夏に勉強したこと忘れないでね
エネルギーを使い続ける限り、役に立つからね!!


はがき



そうしてすぐに私からお礼のはがきを送ったのでした↑


ブログランキング・にほんブログ村へクリックするとランキング応援票になります/コンサルタント・コーチ環境情報


[2012/01/11 17:49] | 省エネ普及指導員関連 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
節電対策シミュレータ
こんにちは、FM放送局唯一のパーソナリティ
ファシリティマネジャーの藤原雅仁です。

本日の放送は、昨日にもふれております今冬の電力需給対策の参考になる情報を
先程届きました省エネルギーセンターから省エネ普及指導員へのお知らせメールより
ご案内させていただきます。

それは、何かと申しますと「節電対策シミュレータ」

http://www.eccj.or.jp/audit/setsudensim/index.html

というもので、冬のピーク電力低減効果算出機能を追加したとのことで
上のURLよりダウンロードしていただけます。

あと、ついでと言ってはなんですが
一緒に案内されていた、当センターの事業についても放送しちゃいます

◆┓関東地区
┗┛━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 省エネと再生可能エネルギーの活用 12月2日(金) 
 http://www.eccj.or.jp/education/tech/pdf/kan/111202.pdf

 電気コース・第1回「照明・受変電設備の省エネ実習」12月1日(木)~2日(金)
 http://www.eccj.or.jp/education/practice/11/pdf/elec2011.pdf

 ビル建物の運用改善による節電・省エネ 12月5日(月) 
 http://www.eccj.or.jp/education/tech/pdf/kan/111205.pdf

 CGS基礎とCGS有効活用による電力確保 12月8日(木) 
 http://www.eccj.or.jp/education/tech/pdf/kan/111208.pdf

 空気圧縮機の省エネ改善 12月9日(金) 
 http://www.eccj.or.jp/education/tech/pdf/kan/111209.pdf

 熱コース・第2回「蒸気の省エネ実習」12月15日(木)~16日(金)
 http://www.eccj.or.jp/education/practice/11/pdf/heat2011.pdf

▼申込方法▼
ご希望の講座名下のURLをクリックして申込用紙をダウンロードしてください。
必要事項をご記入の上、FAXにてお申込ください。
リンク先の無い講座は、詳細が出来上がり次第ホームページに掲載します。

☆技術講座一覧表
http://www.eccj.or.jp/education/tech/index.html

2.省エネルギー関連の情報
・冬季の省エネルギー対策について~11月から3月は冬季の省エネキャンペーン~
 http://www.meti.go.jp/press/2011/11/20111101001/20111101001.html

・「平成22年度エネルギー関する年次報告(エネルギー白書)」について
 http://www.meti.go.jp/press/2011/10/20111028001/20111028001.html



以上、不明点お問合せは直接、省エネルギーセンターまでお願いします。






ブログランキング・にほんブログ村へクリックするとランキング応援票になります/コンサルタント・コーチ環境情報







[2011/11/02 16:26] | 省エネ普及指導員関連 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
省エネ先生 その2
こんばんは、FM放送局唯一のパーソナリティ
ファシリティマネジャーの藤原雅仁です。

本日、川崎市立東高津小学校体育館にて
4年生の皆さん161名の方々に、省エネ出前授業で省エネ先生を務めてきました。

今回も前回同様のテーマ「地球環境と省エネルギー」
シナリオ通りでいくと4年生にはちょっと難しい内容もあるので、集中力がもつのか?
若干の不安をいだきつつスタートしました…



20110706_1


↑赤いTシャツの背中にはECOの文字が、そして真剣にワークシートに取り組んでいます



しかし、始まるとその不安もどこへやら
こどもたちは元気で、反応も良く、すっかり楽しませていただきました。

先生がたで予め授業を聞きながらメモを取れるよう、「省エネ出前授業メモ」というプリントを作成されていて配布していてくれていました。こどもたちはメモをとりつつ真剣に耳を傾けてくれました。



20110706_2


↑ご覧ください、このメモを!!


わ~、伝わってるな~
感動もんです



それぞれ工夫をして、たくさんメモしてくれている子が他にもいっぱい
とっても元気で、素直で真剣な4年生でした。

本当にどうもありがとうです


ブログランキング・にほんブログ村へクリックするとランキング応援票になります/コンサルタント・コーチ環境情報








[2011/07/06 21:54] | 省エネ普及指導員関連 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
省エネ先生
こんばんは、FM放送局唯一のパーソナリティ
ファシリティマネジャーの藤原雅仁です。

昨日、川崎市立下沼部小学校体育館にて
5年生の皆さんと保護者の方々に、省エネ出前授業で省エネ先生を務めてきました。



20110625



「地球環境と省エネルギー」について
お話し30分と最後にワークシートを活用して10分

あっという間でした~ 結構楽しかった 

省エネ家電フォーラムの一環で、省エネルギーセンターからの派遣として
資料も揃えられていてそれに沿っての話しになるため
小道具等を持ち込んでの盛り上げ系ではないために、ノリはいまいち。

以前の放送で紹介した「心に火をつける人、消す人」
少しでも火をつけられればと少々意気込むも、空回り気味でした 


「言いたいことが言えた」では半分

伝わってはじめてコミュニケーションである



ブログランキング・にほんブログ村へクリックするとランキング応援票になります/コンサルタント・コーチ環境情報

[2011/06/26 21:57] | 省エネ普及指導員関連 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
節電講話させていただきました
こんばんは、FM放送局唯一のパーソナリティ
ファシリティマネジャーの藤原雅仁です。

一昨日の6月15日に京浜急行様の労働講話として節電について
一時間の講師を務めさせていただきました。



20110615_1

↑ 頭を刈り込み気合がはいっております



タイトルは「家庭や職場で出来る節電対策と節電効果」
パワポのシートは全部で36枚、ほぼオリジナルでこの日のために作成し
妥当なボリュームではないかと思っておりましたが、少々多かったかな・・・



20110615_2



約100名弱の方々が出席されておりました
今後益々の節電努力をしていただけるよう、なるべく判り易くをモットーに
内容を組み立て、お話をしたつもりでしたが・・・一時間ず~と話し通しだった印象で、メリハリがなかなか付かずに自分では何とか可も無く不可も無くといったところでしょうか 



20110615_3




事前に執務スペースと会場の照度をmy照度計にて測らせていただいて
節電のための照明の見直しの話題の際に、その計測値を紹介させていただき、会議室としては過度の照度であったことを指摘させていただきました。

すると、さっそく講話のご担当だった方からメールをいただき
会議室の蛍光灯を間引いたとのこと
ありがたいです、お役に立てたみたいです!!


次回の予定は省エネルギーセンターから派遣の、省エネ家電コンシェルジュとして
小学校に省エネ出前授業に行くということになっております。

元気な子供たちから、逆にエネルギーをいただけそうで楽しみです 

最後に宣伝です

7月からの15%削減に向け、ご家庭で、職場での意識付けのために
ご要望がありましたらお話しさせていただきますので、お気軽にお問合せください



ブログランキング・にほんブログ村へクリックするとランキング応援票になります/コンサルタント・コーチ環境情報

[2011/06/17 19:34] | 省エネ普及指導員関連 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
LEDの購入時の注意事項 つづき
こんにちは、FM放送局唯一のパーソナリティ
ファシリティマネジャーの藤原雅仁です。

本日は、昨日の放送で中途半端に終わってしまった
「LEDの購入時の注意事項」についてです。

昨日はJFMAの環境部会の定例会でもあったのですが
やはり緊急節電について、それに伴い照明による節電の効果がかなり話題にのぼりました、やはりLED電球は現在品薄状態にあるとのことです。

そんなLEDの購入時の注意事項は「ルーメン値」をチェックすること!!

どういうことかと申しますと、ルーメン(lm)とは全光束という明るさを測る基準の単位で、ようはルーメンの数値が大きいほど明るいということです。

もともと40Wの白熱灯が付いていた所の電球をLEDに替えようと思い電気屋さんへ、売り場にはいろんな種類のLED電球が並んでいます。まずは口金のサイズ確認、E26だから間違えないで。

次に40Wの取替えだから40W相当とあるものを、でも値段にバラツキが
「おっこれは安い」他のは高いけどこりゃいいや!

家に帰って早速付け替え、ワクワクしながらスイッチオン!!
なんだか暗くない?思ったより暗いんだけど?
箱を確認すると40W相当って書いてある、間違いじゃない・・・

やっぱり安物だから?
値段が値段だし我慢しますか・・・

そして、月日は流れ数ヶ月後

「えっ LEDがもう切れてる、寿命が長いはずじゃ?!」

実際「NPO法人ソフトエネルギープロジェクト」の佐藤理事長の元には
”もう切れた””暗い”といった相談がよせられているそうです。

寿命に対するお値段に関しては売り場の方の話をよ~く聞いてご判断ください。

明るさに関しては箱に書いてあるルーメン(lm)値を忘れずにご確認ください
  日本電球工業会の資料による目安として↓

白熱電球30W なら LED電球325lm でほぼ明るさが同等

白熱電球40W なら LED電球485lm     〟

白熱電球60W なら LED電球810lm     〟

白熱電球100W なら LED電球1520lm     〟


とのことですので、ぜひご参考ください。


ブログランキング・にほんブログ村へクリックするとランキング応援票になります/コンサルタント・コーチ環境情報
[2011/04/27 12:48] | 省エネ普及指導員関連 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top
部会、勉強会―LED電球のこと
こんにちは、FM放送局唯一のパーソナリティ
ファシリティマネジャーの藤原雅仁です。

本日はJFMAの環境部会(41)が開催される日です
昨月は震災後の諸事情により中止になり、本日がその振り替えになります。

浜町のJFMA会議室での開催になり、本来でしたら昨月の予定でした講師の方をお招きしての、省エネ先進事例の実際としてお話を伺えるところでした。
しかし、その内容は先日の節電セミナーに含まれているものでもあり、第二回目の節電セミナー内でまさに本日26日にご講演されておりますので部会にお招きするのは中止となりました。

それでは、本日の内容はどうなるのでしょうか?
震災後以来ということになりますので、緊急節電について、今後のエネルギー政策について、それらに対する部会の提言のような話し合いになるのでしょうか。期待大です。

話は前後いたしますが、17日の日曜日に省エネ普及指導員同期(?)有志による勉強会が開かれました。といっても参加者は私を含め3人、横浜関内駅前にあります「NPO法人ソフトエネルギープロジェクト」の事務所をおかりして、佐藤理事長にもご参加いただきました。

以下の写真は佐藤理事長によるLED電球についてと、購入する際の注意などご説明いただいたところです


LED_1



電源にワットアワーメーターを通し白熱球とLEDとの消費電力の違い
それはご存知のように最大で1/10と言われておりますが、今回自分の目で確認したところでは40Wと40W相当と言われるもので約1/7程度。見た目の明るさで60Wと40W相当で比べると約1/9程度でした。
いずれにせよ、省電力であることに変りはありません!!
しかも、寿命はそうとう長持ち!!


LED_1



節電効果は絶大ですので、特に震災後の需要は急増とのことです
特にビルなど照明の多い施設では一気に変えると劇的に節電できます、但し費用の問題もあるのですが企業向けのレンタルサービスも登場しております。

家庭では器具数が限られていると思いますが、数個は変換可能かと思われますし、現在ではシーリングライトもLEDでということも考えられます。

ところで、そんなLEDの購入時の注意事項は「ルーメン値」をチェックすること!!

げえっ

もうこんな時間・・・

今日は部会の後、お打合せがあったりと・・・

ということで、詳しくは後日また








ブログランキング・にほんブログ村へクリックするとランキング応援票になります/コンサルタント・コーチ環境情報
[2011/04/26 12:50] | 省エネ普及指導員関連 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
人材研修最終日
こんばんは、FM放送局唯一のパーソナリティ
ファシリティマネジャーの藤原雅仁です。

財団法人省エネルギーセンター事業運営による「省エネルギー普及のための人材研修」昨日の18日に三日目が終了し全日程を無事終えることができました。

初日のもよう    二日目のもよう


三日目のカリキュラムは
3-1実践的普及活動(応用編)
  省エネ普及活動事例3 家庭の省エネ診断 講師は機器普及総括部長
                       財団法人省エネルギーセンターの方

  省エネ普及活動事例4 省エネコンテスト入賞者事例(応用編)
         講師は20年度省エネルギーコンテスト経済産業大臣賞を受賞した方

※石川県金沢市で主婦の立場で「PDCAサイクルと環境家計簿を活用し、家族で楽しく省エネを継続中」ということで、なかなか我々おやじには気づかない主婦目線ならではの取り組みが興味深く、「男のエゴ」は歓迎されませんが「男のエコ」を考えるきっかけを与えていただけたような気がします。
環境カウンセラーであり、省エネルギー普及指導員の先輩で金沢エコネットにて活動をされておられます。

  省エネ普及活動事例5 省エネ教育
         講師はNPO法人ソフトエネルギープロジェクト理事長の方

※1992年開催のブラジル地球サミットの翌年、市民として地域の中から地球温暖化防止にむけた自然エネルギー・省エネルギーの普及啓発・環境教育の実践を目的として会を発足させてというベテランさんです。
その貴重な経験に裏付けられたお話には重みがあります、日本国内のみならずドイツやアフリカなど訪問しその交流の様子などその行動力はどこから来るのでしょう、それはレジメの最初にありました。

 ・1人の思いからはじまる ⇒ あきらめない。思い続ける。

 ・思いを形に変える ⇒ 人に伝える。

 ・同じ思いの仲間が出来る ⇒ 協力者が現れる。

  海象社「ひとりから始まる」より


とありました、そして最後に」決してあきらめないでください」と強調されました。


人材研修三日目

そして最後のグループディスカッション↑
地域でどのように省エネに取り組んでいくかをテーマに話し合いまとめ発表です



それぞれの思いをどんどん出し合います、その中で面白かった言葉が「エコメン」えっこれって新語?でもなかったです、検索したら既にエコメン店長さんまでいらっしゃいました。でも、これからは前述の「男のエコ」にからめて
イケメンのイクメンで尚且つエコメン!
三拍子揃ったイイ男。

そんな男がもてはやされるのは間違いない!


そんな我が班の発表の最後に、「仲間作り、ネットワークを活かすということは普及活動において大切であると、そのために三日間同じ志の元に研修を受けたご縁でこの後懇親会を行いましょう」と呼びかけました。あまりに急だったためか・・・参加者は我が班プラス1名・・・でしたが、本日の講師のお二方と三日間通してお世話いただいた省エネルギーセンターのお二方も参加していただき、アルコールもはいり滑らかな口でとっても有意義な時間を過ごせました。こうして人の輪は広がっていくんだな。


省エネ普及指導員修了証



話しは戻りますが、最後に修了証をいただき省エネ普及指導員登録について説明を受け解散です、そして我々有志はいざ懇親会へ。ちょっとその前に、NPO法人ソフトエネルギープロジェクトの事務所が近いということで見学に伺いました。↓


ソフトエネルギープロジェクト_1


学校などの出前授業で使用する実験道具が手作りも含め数々あります↑


ソフトエネルギープロジェクト_2


アフリカにも持っていっているというソーラークッカー↑
実物初めて見ました、原理はいたってシンプル手作りも出来そうです


そして、今後は理事長のご好意により活動の見学・お手伝いさせていただけるとのことで、ぜひ積極的に参加させていただこうと思ってます。さらに月いちぐらいなら有志の会に事務所のミーティングスペースをお貸しいただけるとのことです、これで情報交換の場づくりもバッチリ!ありがとうございます 

それでは、今後どんな流れになっていくか自分でも楽しみです
自分に出来ることは出来る限りやってみる、そしてその中でつかんだものは宝になるでしょう、そして思ったものは思い続ける、あきらめずに   







ブログランキング・にほんブログ村へクリックするとランキング応援票になります/コンサルタント・コーチ環境情報
[2011/02/19 22:47] | 省エネ普及指導員関連 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
人材研修二日目
こんにちは、FM放送局唯一のパーソナリティ
ファシリティマネジャーの藤原雅仁です。

財団法人省エネルギーセンター事業運営による「省エネルギー普及のための人材研修」先週金曜日の21日に二日目が終了しました。

二日目のカリキュラムは
2-1省エネルギー基礎知識(各論)
  省エネ型製品の選び方・使い方 講師は機器普及総括部課長
                       財団法人省エネルギーセンターの方

  省エネ住宅の建て方・住まい方 講師はNPO法人消費者住宅フォーラム
                        副理事長の方

※人に優しいという観点から住まいの省エネのアドバイス、特に家屋の断熱・遮熱について力をいれて説明されておりました。家全体の断熱性能「熱損失係数(Q値)」とは…

家の内外の温度差が1℃の時に、家全体から1時間あたりに逃げ出す熱量を床面積で割った数値である。そして、その数値が小さいほど断熱性の高い住宅である。

皆さんご存知でした?
ちなみに我が神奈川県の基準値は2.7以下ということです。
これから家をご購入、新築を考えている方は業者に確認してみましょう。
「Q値って何?」という答えが返ってきたら再考しましょう、ということです。

  交通と省エネルギー        講師はエコドライブ推進部長
                       財団法人省エネルギーセンターの方


2-2実践的普及活動(地域活動編)
  省エネ普及活動事例2 地域活動事例 講師はNPO法人川口市民環境会議
                      省エネ普及指導員でもあられる女性代表理事の方         

※とても興味深い活動事例で、質問が集中。すでに10年も続いた「エコライフDAY」の活動などなど、そのバイタリティーと企画力、はたまた努力と苦労の片鱗が短い時間の中にも伝わってきました。でも、楽しそうに話される笑顔が印象的でした。

NPO法人川口市民環境会議のホームページは→http://www.ne.jp/asahi/eco/ecolife/

2-3グループディスカッション
前日の5班に分かれ、テーマは「省エネナビをどう活用していくか」でした。それぞれ各員意見を出し合い班毎に模造紙にまとめて発表です、以下は各班の発表模造紙(上から我が1班順に5班まで)です。

二日目_1班発表

二日目_2班発表

二日目_3班発表

二日目_4班発表

二日目_5班発表

皆さん短い時間で意見を出し合いよくまとめております、研修の成果が現れておりますね。


次回三日目の研修はしばらく日にちが空きます、その間に省エネナビデータ回収の練習として事務局にデータを送らなければならないみたいです。




ブログランキング・にほんブログ村へクリックするとランキング応援票になります/コンサルタント・コーチ環境情報
[2011/01/24 11:41] | 省エネ普及指導員関連 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
人材研修初日
こんばんは、FM放送局唯一のパーソナリティ
ファシリティマネジャーの藤原雅仁です。

財団法人省エネルギーセンター事業運営による「省エネルギー普及のための人材研修」の初日終了です。横浜会場に出席された方は本日25名。

本日のカリキュラムは

1-1省エネルギー基礎知識
  我が国の省エネルギー政策 講師は関東経済産業局エネルギー対策課
                     省エネルギー専門職の方

  暮らしと省エネルギー   講師は省エネルギー普及指導員としてご活躍の
                    10年前に当研修を受けられたという方

1-2実践的普及活動(省エネナビ編) 講師は同じく指導員をしておられて
                   省エネ施策を施し、TV出演も果たされている方

※我が家の省エネナビアンテナの受信状態が思わしくない旨、やはりデータがその分正しく蓄積されていないとのことで、表示機(受信側)の設置位置を変える必要ありとのことでした。

1-3グループディスカッション
各班5人の5班に分かれまずは自己紹介、そしてそれぞれの班にはどのような方が参加されていらっしゃるのかの発表。それぞれ既に活動をされている方も多くいらっしゃいました。

またそのうち詳しく紹介できればと思います。
運営側の省エネルギーセンターの方もおしゃってましたが、ここで研修を受けたそれぞれが仲間としてネットワークを確立することも大きな目的だと思います。今後のそれぞれの活動には情報の共有や協力などきっと必要になってくると思うからです。

私は1班での発表の役をやらせていただき、ちゃっかり当放送局(ブログ)の宣伝をさせていただきましたので、訪問していただければ幸いです。
もし、わざわざご覧いただいた方がいらっしゃるなら、お気軽にコメントを残して行ってください宜しくお願いします 

それでは、明日の二日目も頑張りましょう 




ブログランキング・にほんブログ村へクリックするとランキング応援票になります/コンサルタント・コーチ環境情報
[2011/01/20 23:02] | 省エネ普及指導員関連 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。