FC2ブログ
グロースファクター 薄毛対策
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
環境部会定例会(25)出席報告
こんばんは、FM放送局唯一のパーソナリティ
ファシリティマネジャーの藤原雅仁です。

一日遅れになってしまいましたが、今回の放送は一昨日出席しました部会の報告になります。
さて、前回放送にもありましたとおり、今月の環境部会はメーカー調査という視察会でつくば研究学園駅集合でした。

慣れない路線に乗り何とかたどり着いた始めて下車する駅、はっきりいって駅の周りには何にも無し(まったく何も無いわけではないが…)お茶するところも研究疲れを癒す酒場も無いとのこと、だから研究や研修にはうってつけ、夜の誘惑が無いとのことで使命に没頭できる地の利があるということです。
はたして、良いのか悪いのかわかりませんが。
残念ながら部会員の出席率は悪かったです。

そして、向かった先は「つくばソリューションプラザ(ダイキン工業 つくば研修所内)」です。
内容は
・DESICA・高顕熱VRVでの快適・省エネシステムの紹介
・DESICA体感ルームで従来システムとDESICAシステムの体感
・その他ダイキン商品の説明
・質疑応答まとめ
という流れで約2時間弱の予定でしたが、押しました。

部会メンバーはビル管などの、どちらかというとハード技術専門系の方々がメインで、私はもろソフト柔柔系ですので専門技術のお話は苦手なのですが、このような機会でもなければつくばに来て最新の空調システムにふれることも無いので参加させていただきました。

ですので、DESICAの技術的な素晴らしさを私がこの場でお伝えすることは残念ながらできません、ダイキンさんにご迷惑をおかけしては大変ですので。
ですが、技術的な説明に入る前に印象に残った部分を紹介させていただきます。

クールビズの28℃の設定では『蒸し暑く』ありませんか?
とありました。確かにそう感じます。
DESICAにより温度と湿度を別々にコントロールすることにより、エネルギーのロスを抑えて、快適にムリのないクールビズを行えるといことです。つまり、省エネと快適性が共存するということです。これで、オフィスの効率もアップする(たぶん?)といことですね!

配管レス調湿〔無給水加湿、無排水除湿〕
ドレン配管まで不要とのことで、メンテナンス性などに優れているということで高効率であるということです。

片道2時間以上もかけて行って、これだけの内容では寒いですが、技術のたゆまぬ進歩とそれを支える方々の努力を感じました。その技術は日本の力であり温暖化防止のカギであります。
進化した結晶を採用する側、実際オペレートし使用する我々がその進歩について行けるかどうかも問題だと思いました。

それでは、興味の有る方はダイキン工業ホームページで詳細をご覧ください。


ブログランキング・にほんブログ村へクリックするとランキング応援票になります/コンサルタント・コーチ環境情報
スポンサーサイト
[2009/11/26 22:36] | 環境部会 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
環境部会定例会(25)
こんにちは、FM放送局唯一のパーソナリティ
ファシリティマネジャーの藤原雅仁です。

本日は、JFMA会議室に於いて(エネルギー環境保全マネジメント研究部会)定例会が行われます、私も出席いたします。 環境部会とは

もとい、JFMA会議室に於いてではなく本日は視察会となっており、つくばの研究学園まで行くのでした。(あぶない、あぶない)なので、あまりのんびりとしていられないので、そろそろ支度して出発いたします。なんせ横浜からなので時間がかかります

ブログランキング・にほんブログ村へクリックするとランキング応援票になります/コンサルタント・コーチ環境情報
[2009/11/24 12:13] | 環境部会 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
防災は「自助」「共助」「公助」
こんばんは、FM放送局唯一のパーソナリティ
ファシリティマネジャーの藤原雅仁です。

今回の放送は、前回放送の流れで防災についての続きになります。

近年の自然災害を取り巻く環境変化の要因として 気象変化 高齢化 都市化 があげられております。前回放送で取上げましたように地球温暖化による 気象変化 により自然災害の規模が拡大しています。

地方、山間部の 高齢化 が災害被害の拡大の一因になっております。というのも若手不足により森林等メンテナンスが行き届かなくなっているということ、また、住民相互の助け合いに支障をきたすということです。

都市化 の住宅密集による火災被害の拡大、造成宅地における地震に際しての液状化・崩落いよる被災拡大といった具合です。

統計によると
「近年の異常気象の頻繁化」を根拠(80%)に「災害リスクの認識が高まっている」(62%)のは事実です。もしもの際に役立つものとして「家族」(74%) 「自分自身」(64%) 「近所の住民」(43%)がベスト3で、役に立って欲しいものとして「行政」(74%)で実際役に立つもののベスト3にも入っていない「行政」(25%)に期待しているのです。当然のことであると思います。

防災は 「自助」の充実 「共助」体制の構築 「公助」の充実による後押し が大切なのです。
自らの日頃の備え、地域防災活動への参加、期待に応えるべく備蓄・情報提供・救助等体制の構築が各々に求められているのである。


ブログランキング・にほんブログ村へクリックするとランキング応援票になります/コンサルタント・コーチ環境情報
[2009/11/17 23:17] | FM詳細 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
防災問題と環境問題はあざなえる縄の如し
こんばんは、FM放送局唯一のパーソナリティ
ファシリティマネジャーの藤原雅仁です。

今回の放送は防災についてですが何故かと申しますと、先日の放送分でホームページのお仕事の回で取上げましたように、防災関連企業のホームページ立ち上げに関わりコピーライトからデザイン制作まで携わります。せっかく私にご用命いただきましたので、FMerとしてのエッセンスを加えながら作らせていただこうと思っております。それが私なりの付加価値だと自負しております。

さて、防災はリスクマネジメントの観点からFMとは切っても切り離せません。
前回お客様取材させていただき、少しの温め期間の後、中身の内容を膨らませるために防災についての勉強をしました。すると、見えてきたのは「防災問題」と「環境問題」は関連性が大いにあり”あざなえる縄の如し”(使い方間違っていたらゴメンナサイ)ということ。

IPCC(気候変動に関する政府間パネル)が平成19年に発表した第4次評価報告書では、今後、地球温暖化に伴う気候変動の影響により、台風およびハリケーンの強度が増大するとともに、大雨の頻度も引き続き増加する可能性が高く、洪水などによる被害が予測されている。

事実、ここ数年世界的に大雨による水害、渇水による旱魃、森林火災など地球温暖化に伴う気候変動の影響と考えられる災害が頻発している。

災害の規模が拡大してきても、現在まで各種災害から得た貴重な教訓を基に培われてきた進歩により、被害をより少なく食い止めることが可能になってきている。つまり、社会の災害脆弱性(社会要因)は努力次第で強化でき、災害対応能力は向上できるのである。

災害規模拡大の要因が地球温暖化(環境問題)にその一端があるならば、地球温暖化防止をするこが防災(ふせぐわざわい)の一歩なのである。

ブログランキング・にほんブログ村へクリックするとランキング応援票になります/コンサルタント・コーチ環境情報

これからの防災・減災がわかる本 (岩波ジュニア新書)これからの防災・減災がわかる本 (岩波ジュニア新書)
(2008/08)
河田 惠昭

参考図書の詳細を見る


防災用品16点セットABO-54防災用品16点セットABO-54
参考商品の詳細を見る
[2009/11/16 23:04] | FM詳細 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
トイレの水
こんばんは、FM放送局唯一のパーソナリティ
ファシリティマネジャーの藤原雅仁です。

今回の放送はトイレのはなし。というのも昨日見たテレビ番組が印象に残り話したくなりました。
その番組は、ライバル2社の革新的便器の開発秘話を取上げたものでした。

片や陶器製造老舗の業界トップ、もう一方は家電メーカー。それぞれのノウハウ技術力を生かした開発競争。いかに少ない水で流し、洗浄するか、知恵をしぼり決してあきらめることなく一歩一歩前進して行く、見ごたえがありました。

トイレの節水といえば一昔前ならタンクに水を満たしたペットボトルを入れたり、小一回なら流さなかったり(笑)。でも今では彼らの努力で6リットルトイレがあたりまえになり、現在では如何に6リットルの壁をやぶるかの戦いになっていて、0.1リットル=1㎗単位のしのぎあいになっているそうです。

使う水の量が少なくなるということは、結果CO2の排出量が減るということになります。使う電気の量が少なくなると、結果CO2の排出量が減るということと同じです。
使う人間の節水、節電意識というのは当然必要です、が、節水型、節電型といった機器を技術革新により開発していただければ、それを選ぶことにより 資源の節約=CO2の排出量削減=家計の出費が減る といった式が成り立つのですね。

実は、我が家も最近節水トイレに変えました。トルネード洗浄式です。確かにタンクも前のものに較べて小さくなり、流れる水量も少ないようです。そしてなにより 水道料金が下がりました!



ブログランキング・にほんブログ村へクリックするとランキング応援票になります/コンサルタント・コーチ環境情報
[2009/11/13 23:57] | 環境話題 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
ファシリティマネジャーの職務 その3
こんにちは、FM放送局唯一のパーソナリティ
ファシリティマネジャーの藤原雅仁です。

またまた、本日の放送は前回までの続き「ファシリティマネジャーの職務」について、Part3を放送したいと思います。なかなか腰を落ち着けて放送できないことが続いておりましたが、本日は時間の許す限りじっくりと放送したいと思いますので、じっくりとお付き合いください。

現在の経営を取り巻く環境は多様化しており、その中でFMerもFMの目標を達成するべく日々奮闘努力されていることと思います。特に、改正省エネ法が施行され冷暖房、照明などのエネルギー、廃棄物などファシリティに関わる業務での地球環境問題への対応は避けては通れません。FMerにとっては、新たに対応に追われる業務が増え、なかなか手が回らないのではないかと、私が参加しているJFMAの環境部会でも話題になりました。

FM業務の組織内での重要性は間違いなく増しており、それに伴いFMerの職務を明確化することにより、その責任と権限なども明確にすることが重要である。
FMerが自分の業務の組織内での重要性を確認し、FM業務が今後の組織運営において如何に重要であるかを経営層に認識してもらうことがFM施策の成否に関わる。

FMerにとって必要なスキル(要求される能力)は何か

①業務処理能力(マネジメントスキル)
 計画力・組織力・統率力・人材活用・問題分析力(創造力)・判断力・決断力

②対人調整能力(ヒューマンスキル)
 リーダーシップ・リスクテイキング・ストレス耐性・理解力(傾聴能力・要点把握力)・感受性
 柔軟性・表現力・発表力・説得力

③技術的能力(テクニカルスキル)
 FM戦略策定能力(計画管理担当)・プロジェクト企画管理能力(プロジェクト管理担当)
 FM財務評価能力(共通)・IT活用能力(共通)

実際には一人の人間がすべての能力を完璧に備えているということは難しく(かく言う私も然り)、在籍するFMerが相互に補間し合い、社内外の専門スタッフの力を調整して、解決に導くマネージメント能力が求められるのである。

今、私の手元に有る一冊の冊子を紹介して今回の放送を終えたいと思う。
「ファシリティマネジメント職務基準ガイド」
JFMA職務基準検討部会編集、JFMA発行。

職務記述書の作り方というサブタイトルが付いていて「FM標準組織モデルと職務レベル」他に、例えば担当役員・FM担当部門長・計画管理担当など13事例に及ぶ「FM職務記述書のモデル」、参考書式とFM業務の概要表などの資料。某外資系企業の事例も紹介されている。
FM導入または見直しの参考にするには判り易い参考書であるといえる。

ブログランキング・にほんブログ村へクリックするとランキング応援票になります/コンサルタント・コーチ環境情報
[2009/11/10 12:21] | FM詳細 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
ファシリティマネジャーの職務 その2
こんばんは、FM放送局唯一のパーソナリティ
ファシリティマネジャーの藤原雅仁です。

今回の放送は、尻切れトンボみたいになってしまった前回分の続きになります。
(昨日は高校のクラス会がありまして、それに出かける前のひと時にブログ書いていたので中途半端に終わらせてしまいました。ここ十年くらい毎年恒例となっており、メンバーはだいたい固定なのですがやたら盛り上がります)

さて、それでは本題にはいりたいと思いますが、その前に

       有資格者もそうですがFMerは少ない
と、最後にきっぱりと言い切っておりますが、やはりあせっていたのでしょうね。この表現は”決して多いとは言えない”とやんわりと訂正させていただきます。

FMが担う役割はとても広いです。ファシリティを有効活用し全体最適を目差すことにより経営に貢献し、その目標は 財務 品質 供給 の3つである。 下図参照

FMの目標


ブログランキング・にほんブログ村へクリックするとランキング応援票になります/コンサルタント・コーチ環境情報
[2009/11/08 23:54] | FM全般 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
ファシリティマネジャーの職務
こんにちは、FM放送局唯一のパーソナリティ
ファシリティマネジャーの藤原雅仁です。

さて、本日の放送は前回までの流れを受けまして「ファシリティマネジャーの職務」について放送したいと思います。

前回の放送において、FMの必要性をざっくりと記させていただきました、そしてそのFMを主導的立場で実行していくのが我等がFMerです。しかし、現在の企業、団体組織内にFM部門が存在しFMerが活躍している組織はいったいどれくらいあるのでしょうか?

現在JFMAが発表している資格者データとして、資格試験合格後に資格登録を済ませている人数は2008年度までの累計で6,419人。2009年度試験最終受験者1,272人、うち合格者数510人(合格率40.1%)だそうです。もちろん有資格者ではなくFMerとして第一線で活躍されている方もいらっしゃいます。FMerとしてではないのだけれども(本人の自覚が有る無しに関わらず)、ファシリティマネージメントの職務をこなしている方もいらっしゃいます。

           しかし 有資格者もそうですがFMerは少ない
                          と、きっぱりと言えます!

ブログランキング・にほんブログ村へクリックするとランキング応援票になります/コンサルタント・コーチ環境情報
[2009/11/07 16:49] | FM全般 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
新しい経営環境におけるFMの必要性
こんにちは、FM放送局唯一のパーソナリティ
ファシリティマネジャーの藤原雅仁です。

今回の放送も前回放送同様いかにも教科書的なお題です。
したがって教科書からの引用をさせていただきます。

今日の経営では

グローバル化

少子高齢化による人口減少

情報化


といった経営環境のもとで

① 経営効率化

② 付加価値経営への転換

③ 知的生産性の向上


の3つが主要な課題となっている。
さらに、今後不可欠となる経営課題に
地球環境保全に関わる


④ 環境経営の追求

がある。



FMが重要性をもつ理由は、この4つの経営課題に対して
以下のようなFM施策の実践を通じて、大きく経営に貢献できるからである。


① ファシリティという経営資源の戦略的展開による効率化

② 知的生産性を支援する
ワークプレイス戦略に基づくファシリティ供給


③ IT(情報技術)とファシリティを中心とする
ビジネスインフラストラクチャーの統合化


④ ファシリティの環境負荷軽減と
長寿命化によるライフサイクルマネジメント



いかがでしょうか?
経営という船が浮かぶ大海原は日々刻々と変化しており、巧みな操船に無くてはならない羅針盤としてのFMの必要性が、ざっくりとですが良く判る文章だと思いお伝えしました。


ブログランキング・にほんブログ村へクリックするとランキング応援票になります/コンサルタント・コーチ環境情報
[2009/11/04 11:59] | FM全般 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
FMは利益・公益の源

こんばんは、FM放送局唯一のパーソナリティ
ファシリティマネジャーの藤原雅仁です。

今回の放送は前回のお話で少し反省も込めてふれました、FMについての話題が少ないのじゃないかとの思いを受けまして「FMは利益・公益の源」という、いかにも教科書的なお題です。したがって教科書からの引用をさせていただきます。


FMは経営戦略における機能戦略の一翼を担っており

経営理念を具現化し

経営目標の達成を支援し

収益を高める


ことが目的である。



経営戦略とFM戦略がリンクし

資産の有効活用

ファシリティコストの低減


資産の適正化を即応させる体制を整えることによって
ファシリティそのものが


新しい利益の源

となる。



例えば、経営資源としての施設資産の有効活用や売却、流動化が財務上で経営に貢献するようになり、これを具体的に実行するのがFMである。

また、FMは組織を活性化させ、知的生産性の向上、公共施設においては利用者の満足度の向上に貢献する役割を果たしている。

そして、FMは社会環境にも貢献する。施設はそれを取り巻く社会との調和を図ることにより、さまざまな環境を生み出す。それは施設をとおして新しい文化を生み出したり、地域活性の役割を担うこともある。また、省エネルギーや廃棄物対策等によって社会に貢献するというのも重要な視点である。

ブログランキング・にほんブログ村へクリックするとランキング応援票になります/コンサルタント・コーチ環境情報
[2009/11/03 23:04] | FM全般 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。