FC2ブログ
グロースファクター 薄毛対策
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
先日出席したセミナー
こんばんは、FM放送局唯一のパーソナリティ
ファシリティマネジャーの藤原雅仁です。

師走はどうも放送間隔が空いてしまいがちで反省です。
さて今回の放送は先日の23日祝日に出席してきたセミナーについてです。主催は明治大学専門職大学院グローバル・ビジネス研究科でした、私は修士修了生ではないのですが私の大学の同級生が奇特にも仕事の傍らに入学し、2年前にMBSを修了していてその友人からの紹介でした。

「企業活動と不動産基礎セミナー」の第二回目ということで、まずはざっとMBSの紹介の後、教授から企業価値創造の不動産戦略(CREマネジメント)のさわりを短時間で。
そしてその後に「効率的、効果的ファシリティマネジメント(FM)とは―FMコンサルタントの ”改善”の視点」と題してPM企業の方の講義でした。

ビル経営環境の変化を
バブル経済以前
バブル崩壊後
直近
と分けFMの重要性がいかに増しているかということの説明から入り、年々企業のファシリティーズの維持管理にかける費用が減っているという実情を示されました。

我々ファシリティマネジャーとしては由々しき事態です!

なにも高コスト=高効果(高品質)と言いたいわけではありません。
FM的施策、工夫により低コスト(適正価)=高効果(高品質)という等式が成り立つのです。

経営層の意識転換や改善の必要性があるのではないかと思われます。
そこで講師の方が業務で携わる「ValuSpec(品質コストバランス評価手法)」についてのお話し
となるわけです。
品質・コストのスコアリングにより、費用対効果を可視化し、お客様に合った適正度を把握し改善点を提示するということです。スコアリングの根拠は現在約800施設以上の調査実績による豊富なデータベースとのことです。
適正基準スコア(あるべき姿)を示し、品質とコストバランスを評価し現状とのギャップをどううめるか、というソリューションサービスだそうです。

「私の経験上こうですね」「他社はこうですね」という台詞はよく使われますが、可視化された費用対効果は薄っぺらな言葉より説得力が有るのは事実ですね。
私もせっかく勉強して得た統計士のスキルをもっと有効活用して、普段は見えにくいものを可視化し、より説得力の有る話ができるように努力します。

ブログランキング・にほんブログ村へクリックするとランキング応援票になります/コンサルタント・コーチ環境情報

スポンサーサイト
[2009/12/27 23:30] | セミナー | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
改正省エネ法
こんばんは、FM放送局唯一のパーソナリティ
ファシリティマネジャーの藤原雅仁です。

年末は何かとバタバタ忙しいですね、師走です。
さて、気を取り直して今回の放送は 改正省エネ法 についてになります。前回放送で「改正省エネ法情報交換会」に出席したことにふれました。そこに集まった方々はその道のプロですので今さら改正省エネ法のポイントとは?その基本中の基本でも無いのでしたが、そもそも省エネ法とは性善説に基づくつまり優しい法律であるとのことです。

そんなこと言われても改正にともない、新たに対象となる企業などは厄介だなと思ってしまうのもわかるような気がします。
そもそも改正の最大の狙いは、全温室効果ガス排出量の約3割を占め、CO2排出量増加が顕著な民生(家庭と業務)部門における省エネ対策を強化すること。排出量増加が顕著であるならば厄介だなんて悠長なこと言ってられません、弊社は未だ発展途上の後進企業だからといっても勘弁してはくれません。法律ですから。

今回の改正により、これまでは事業所単位の管理で例えば大きなビルや工場などが主な対象であったものが、改正後は事業者単位(企業単位)でのエネルギー管理義務が導入された。
例えば、小さなビルでも同一事業者で多数所有しており合計の年間エネルギー使用量1500キロリットルで省エネ義務化である。

FM的手法で横串をさし、効率的にエネルギー管理し、エネルギー使用の最適化をめざし、有効的な省エネ施策を施す。まさにFmerにとっては腕の見せ所となるか、オーバーワークとなり潰れてしまうか…その真価が問われます。


ブログランキング・にほんブログ村へクリックするとランキング応援票になります/コンサルタント・コーチ環境情報
[2009/12/21 23:34] | 環境話題 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
環境部会定例会(26)出席報告
こんにちは、FM放送局唯一のパーソナリティ
ファシリティマネジャーの藤原雅仁です。

今回の放送は昨日の報告となります。
まずは「改正省エネ法情報交換会」についてです、建築・ビル管理・デベロッパー関連等それぞれの環境関連部門の第一線でご活躍の38社のその道の玄人が一堂に会しました。
JFMA環境部会からは部会長以下私も含め計5名が出席させていただきました。
行政側として、「関東経済産業局」エネルギー対策課担当者が2名出席され、実質質疑応答という形で会が進められました。例えば、指導罰則・ビル所有形態の違いによる報告届出について・原単位の設定について etc...
その他不明点は資源エネルギー庁省エネルギー対策課「平成20年度 省エネ法にかかるQ&A」参照のうえ、メール可でお問い合わせくださいとのことでした。

その後の環境部会は師走の多忙な時期ということもあり、出席人数が少ないのが残念でしたが、来年2月9・10日開催のジャフマフォーラム第4回日本ファシリティマネジメント大会に於ける当部会の発表内容について話し合われました。その内容については後日の放送にとっておきます、年明け19日ごろの予定ですチェック願います。

部会の後は納会

2009部会納会

参加人数が少なくこじんまりとしておりますが
楽しさは伝わりますでしょ?
アルコールの入った席でもやはり話題はFM・環境のこと

その中での一言

元気になる(元気がでる?)マネジメント

でしたよね!

それでは、コメントお待ちしております!

今年一年お疲れ様でした、来年も宜しくお願いいたします


ブログランキング・にほんブログ村へクリックするとランキング応援票になります/コンサルタント・コーチ環境情報
[2009/12/16 11:41] | 環境部会 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top
環境部会定例会(26)
おはようございます、FM放送局唯一のパーソナリティ
ファシリティマネジャーの藤原雅仁です。

本日これからすぐ出発しなければならないのです。
午前中はオフィス移転物件の内容打合せ、その後「改正省エネ法情報交換会」に出席させていただき、その後浜町のJFMA会議室にて部会出席です。

いよいよ年の瀬、なにかとバタバタしますよね
部会の後は2009年納会になります。

あわてて粗相のないように、気を引き締めて今日一日の始まりです!
飲みすぎにも注意しましょう、皆様方!


ブログランキング・にほんブログ村へクリックするとランキング応援票になります/コンサルタント・コーチ環境情報
[2009/12/15 09:31] | 環境部会 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
お得な情報
こんばんは、FM放送局唯一のパーソナリティ
ファシリティマネジャーの藤原雅仁です。

本日の放送は題して「お得な情報」
それは何かと申しますと、JFMAメールマガジンについてです。

このメールマガジンは配信登録するだけでほぼ毎月送られてきます、もちろん無料です!

内容はというと

・各種セミナー
・「ファシリティマネジャー育成講座」通信教育
・第4回 日本ファシリティマネジメント大会 (2010/02/09、02/10開催)
 テーマ:「経営転換期に求められるFM戦略」
・認定ファシリティマネジャー資格試験
・省庁からのお知らせ
・イベント情報


などなどのお知らせが盛り沢山

今日配信された2009年12月15日号の中には

【受付中】公共特別会員の入会申込を開始━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
公共特別会員(地方公共団体、独立行政法人、国公立大学・病院等、公的機関)は入会金、年会費とも無料です。

いかがですか?
この情報は公共施設を管理し有効活用を考える立場の方には、たいへん有益な情報だと思います、ぜひこの機会に上のリンクから該当ページをご覧いただき申し込みされてはいかがですか。

なにはともあれ
FMへの第一歩として、JFMAメールマガジンを配信してもらうことをおススメいたします。


ブログランキング・にほんブログ村へクリックするとランキング応援票になります/コンサルタント・コーチ環境情報
[2009/12/14 22:01] | FM全般 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
中国の友人
こんばんは、FM放送局唯一のパーソナリティ
ファシリティマネジャーの藤原雅仁です。

さて、今回の放送は前回からの流れになります。
前出の中国の友人とは後日また、直接打合せをしました。

今回の彼の滞在日程はあと3日ほどなのですが、今回の件に関してあせっているようです。
中国国内、特に彼の居る上海は発展のスピードがとっても速いということもあり、チャンスを掴むにはのんびりしてられない、スピードが命。ちょっとせっかち気味です。

郷に入っては郷に従え

日本で十年以上生活していた彼のことですから当然知っていると思います。
でもやはり中国人、我々との考え方の違いを感じます。

よく言ってアグレッシブ・逞しい
逆に言うとチョット都合良く考え過ぎじゃない・どっからくるの?その自信

実際、彼にそう直接的に聞いてみましたが、何とか自分の考えを正当化しようと必死に話し続けます。だからその根拠は?理解しやすいように簡潔に!!
私が石橋を叩き過ぎているだけなのでしょうか?

私が日本人だから、彼が中国人だから…
それだけではないでしょうが、どこの国の方でもさまざまな考え方の人が居る訳ですから。
結論 人対人の交渉ができるようになろう

兵法三十六計 かけひきの極意―中国秘伝!「したたか」な交渉術兵法三十六計 かけひきの極意―中国秘伝!「したたか」な交渉術
(2008/02/28)
ハロー・フォン・センゲル

参考図書の詳細を見る


中国人を理解する30の「ツボ」―考えすぎる日本人へ (講談社プラスアルファ新書)中国人を理解する30の「ツボ」―考えすぎる日本人へ (講談社プラスアルファ新書)
(2004/08)
李 景芳

参考図書の詳細を見る


ブログランキング・にほんブログ村へクリックするとランキング応援票になります/コンサルタント・コーチ環境情報
[2009/12/13 23:58] | その他業務 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
中国業務サポート
こんばんは、FM放送局唯一のパーソナリティ
ファシリティマネジャーの藤原雅仁です。

今回の放送のタイトル「中国業務サポート」とは、私の名刺の裏書の業務内容の一部です。
「中国業務サポート」と簡単に言ってしまえば楽ですが、色々なことがあります。最近では中国での環境問題についての業務があればと、力をいれております。
COP15の最中、中国での環境問題は熱いです!

経営戦略としてのFMの浸透度は、私の知る範囲では低いと思います。それは社会主義市場経済体制という基での経営環境では、不動産管理や企業運営について独特なものがあり、意識や考え方も特別であり、それに適合するFM的手法が特殊なものでなければならないのではないかと思われるから (わっ まわりくどい!)

しかし、施設のLCCO2や省エネオペレーションや高効率化などの環境経営に関するFM施策は、現状の中国には間違いなく必要なことである。

私が始めて中国に行ったのは20年程前(天安門以前)、当時あった横浜⇔上海間の定期航路「鑑真号」に揺られ片道3泊4日、帰りは大阪までの2泊3日の船の旅でした。決して裕福なものではございません、貧乏旅行の代名詞でした。
当時は外国人向けの通貨「外貨兌換券」という人民元と別のものがあり、道を歩けば「チェンジマネー」と「日本人ですか?日本語勉強しています」なんて、よく声をかけられました。

その後は何故か中国づいて、しまいには中国人とパートナーを組みデザイン制作・企画会社までつくってしまいました。しかし、程なくしてパートナー解消…会社消滅…現在に至る…というところ。

しかし、その間にした経験は貴重で現在に生かされております。
当時仕事を手伝ってくれていた上海人の一人が帰国し、クライアントなってくれたり、ビジネスパートナーとして現地での動きを手伝ってくれております。

最近ではひと月おきぐらいに来日しており、一昨日新たなプランを携えて再来した彼と会いました。
今回はなかなか大胆なプランで、まず常識的に考えてしまう日本人的には無理じゃないと思いましたが、チャレンジすることに決め協力に動き出しました。
結果はどうあれ可能な限り 当たって砕けろ 精神で行こうと思います

砕けたくないけど!


ブログランキング・にほんブログ村へクリックするとランキング応援票になります/コンサルタント・コーチ環境情報
[2009/12/09 23:06] | その他業務 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top
すすんでする努力 その2
こんにちは、FM放送局唯一のパーソナリティ
ファシリティマネジャーの藤原雅仁です。

今回の放送は前回の放送の続きで「すすんでする努力 その2」になります。
前回放送内容は私が住まう町内会での地域活動の紹介だけになってしまいましたが、その放送分をあげた翌日、町内の役員・各班長が集う定例会がありました。毎月1回行われており、私は班長でもあるので出席しております。

そこでは、当月に回す回覧板の内容などが班長に配られるということがメインになります。
その中に毎月会員各戸に必ず配布されるものとして自治体の広報誌があります、なかなか中身にまで細かく目を通す方も少ないように思われますが。
今月は会員各戸配布物として 「防災対策会議」のご報告とご協力のお願い というものがありました。

その会議では、いざという時のための地域防災組織等の見直しをしたというものでした。そして、その会議での成果物として 「町内会自主防災組織図」 が添付されております。よく整備されていて、正直おどろきました。
以前の放送の 防災は「自助」「共助」「公助」 の回で取上げた「共助」体制の構築にあたりますね。有事の際、このような体制が整っているのといないとでは大違いです。また、整っていて尚且つ組織図を手元に持っているということは安心に繋がります。
ただ、とても気になるのは、町内会会員ではないと回覧板自体が回ってこないので非会員は防災組織すら知らないでしょう。もしもの時には非会員は助けないということはないでしょうが…気になります。

さて、それでは本題の「すすんでする努力」についてです。
ここまで地域活動についてふれてきました、これが本題にどう関係するのかですが、「地域」すなわち自分の身近なものに目を向けるというこが言いたかったのです。

前々回の放送 環境は「自努」「共努」「公努」 の、すすんで自努するきっかけを与えるのは地域の共努であり、中でも影響力が強いのはより身近な地域の共努である。まずは自分の住んでいる村町、区、市などの環境問題への取組みを調べてみよう。インターネットがあれば比較的簡単に調べられるが、それ以外ではやはり広報誌等だろう、前出の回覧板と伴に回ってきたり配られたり、非町内会員ならば公共施設などで入手できるものである。

もし、その中に地域活動の一環として気軽に参加できるエコ活動などがあったら、ぜひ参加してみよう!
身近な方々と成し遂げるということは、ある種の一体感を生み「共努」「共助」を作り上げることだろう。積極的な参加はちょっと…という方も、より身近な地域の情報に目を向けることにより、自分に可能な自努をすすんでできるようにしよう!


ブログランキング・にほんブログ村へクリックするとランキング応援票になります/コンサルタント・コーチ環境情報
[2009/12/07 11:21] | 環境話題 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
すすんでする努力
こんにちは、FM放送局唯一のパーソナリティ
ファシリティマネジャーの藤原雅仁です。

今回の放送は前回の放送にでてきた 努力 の中でも すすんでする努力 についてになります。

まずは下の写真をご覧ください、先日の日曜日に撮影したもので、ほのぼの感があり自分では結構お気に入りのショットです。ターゲットはこちらに背を向けている男性二人です、右の方はゼッケンを背負っております。
何をされているのでしょうか?ヒントは3ヶ月前のある日の放送にあります。


町内会ウォークラリー


別にクイズではないのですが、答えは私がボランティアとして参加した町内会ウォークラリーのひとコマでした。
残暑の頃から始め、当日はご覧のように晩秋で、その間私を含め実行委員5名で休日に数回集まり準備をすすめてきました。当日の私の役割はパトロール兼救護でしたが、何事もなく無事終了し参加者は皆さん楽しまれたようでした。

歩き終わった方々には豚汁とおにぎりが振舞われました。地域防災活動の一環として、有事の際の炊き出しの予行練習も兼ねてのことでした。当然、それには材料の買出しから調理など人手が必要です、それだけではなくコースの安全確保のための人員、ゲームなどのお世話をする人等々地域の役員さんを中心に約20名が当日の運営を支えてくださいました。

ちなみに、今回のウォークラリーのために尽力したスタッフの平均年齢は、間違いなく60歳は超えているでしょう。40代は私一人、30代が二人(いずれも実行委員で、うちお一方の小6の娘さんも当初からお手伝いしていただき大活躍でした)で超高齢社会の縮図でした。今後若手の参加が望まれますが…

参加者は小学生のご家族がメインでしたので必然的にお若いです。
このような地域行事も少なくなっている昨今、参加することさえ「めんどくさい」とか、いまどきの言葉でいえば「うざい」と思われていることでしょうが、皆さんにインタビューしたところ「楽しかった」「初めて参加したけど良かった、また参加したい」といいう声がほとんどでした。

町内会ウォークラリー2


さてさて、導入部分が長くなってしまったので、本題は次回放送につづく…


ブログランキング・にほんブログ村へクリックするとランキング応援票になります/コンサルタント・コーチ環境情報 
[2009/12/04 11:22] | 町内活動 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
環境は「自努」「共努」「公努」
こんにちは、FM放送局唯一のパーソナリティ
ファシリティマネジャーの藤原雅仁です。

今回の放送のタイトルの「努」=努力の 努 です。
以前の放送の防災は「自助」「共助」「公助」の「助」はそのまんま助けということですね、それぞれが努力するということで「努」を入れてもなりたちますが。

「自」「共」「公」の部分はどちらもほぼ同じですね。
「自」=自身・家庭
「共」=ご近所・地域・企業や組織
「公」=公共団体・政府

環境は、それぞれが可能な努力をしなければならない。それは、何かを我慢しなければならないことだったり、新しい技術開発のための頑張りだったりして、犠牲を強いる、汗をかくなど努力ということばにはそんなイメージがつきまとう。
無理な努力は長続きしないだろうし、したくない。すすんでする努力は長続きしそうだし、その先にある結果が楽しみになりまた頑張れる。

今月はコペンハーゲンでのCOP15が開催される、すでに二大CO2排出国である中国・米国の削減目標数値について取沙汰されていて、今後益々メディア報道が盛んになること必至である。
それにより、「自」レベルでの環境問題に対する関心が高まるのは間違いないと思われるし、そうであってほしい。

熱くなった「自」、この機を逃さず「共」特に「公」はどんな手を打ってくるのか?

“鉄は熱いうちに打て”

やっぱり、環境税?
いきなり冷水を浴びせられるのもちょっと…


ブログランキング・にほんブログ村へクリックするとランキング応援票になります/コンサルタント・コーチ環境情報
[2009/12/01 16:45] | 環境話題 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。