FC2ブログ
グロースファクター 薄毛対策
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
電力需給対策(節電・省エネ)セミナー
こんばんは、FM放送局唯一のパーソナリティ
ファシリティマネジャーの藤原雅仁です。

本日は経済産業省関東経済産業局主催
「電力需給対策(節電・省エネ)セミナー」に参加してきました
当セミナーの対象は小口需要家となっておりました。

財団法人省エネルギーセンターの「小口需要家の節電行動計画の標準フォーマット」
これは丁寧に説明されていたのでわかり易かったです。

標準フォーマット自体はこちらからダウンロードできます


東京電力の方のお話もありました
需要家が取り組んでいる節電への協力がすみやかに電気料金に反映されるよう、「契約電力の変更(減少)申込書」を高圧で受電される契約電力500kW未満のお客さまへ送付しているとのこと、過去一年間の最大デマンドによって決められている(契約電力)現在の基本料金が、節電努力により契約電力を引き下げ料金削減可能ということです。

これを機にういた資金を省エネ機器に投資する原資にし
経常的に電気料金というコストカットをするのはいかがでしょうか?

質疑応答にてされた質問ですが
小口需要家における15%削減に対する取り組みは、個々の事業所単位でも、事業者トータルでも、無理の無い取り組み方を自由に選択して良いとのコトでした。改正省エネ法とは違うのね、罰則の面でもね。

さて、話は変ります

━【受付中】ファシリティマネジャー資格試験★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
http://www.jfma.or.jp/qualification/page3.html
●平成23年度の資格取得までの日程は以下のとおり。
受験申込受付:締切を平成23年6月2日(木)15時までに延期
試験:平成23年7月10日(日)
合格発表および合格証交付:平成23年9月1日(木)
資格登録申請受付:平成23年9月6日(火)から
登録証および資格証交付:平成23年11月初旬から
●平成23年度ファシリティマネジャー資格試験 受験案内書はこちら
から
http://www.jfma.or.jp/qualification/pdf/shiken_annai2011.pdf

受験申込まだ間に合いますよ!!






ブログランキング・にほんブログ村へクリックするとランキング応援票になります/コンサルタント・コーチ環境情報

スポンサーサイト
[2011/05/30 22:11] | セミナー | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
緊急節電対応―明るさはこれで補え!!
こんばんは、FM放送局唯一のパーソナリティ
ファシリティマネジャーの藤原雅仁です。

本日の放送はとっても有益な情報です
先日の放送で緊急節電対策のための蛍光灯の間引きについてふれました

オフィスの照明は推奨照度の750Lxを必ずしも満たしていなくても大丈夫なのではないかと、故に蛍光灯を間引いての節電は可能である。しかし、そのためにオフィスの安全性や仕事の生産性を犠牲にしてもよいのか?
いや、350~400Lxぐらいあれば概ねそれらを犠牲にすることは無いであろう。ということであるが、どうしても暗いと感じる人が出てきたり、実際に極端に照度の低いところが出てきてしまうのが現実である。

そこで、おすすめするのが以下の反射板である
確実に明るさはアップし、消費電力はアップしない!

従来品もかなり普及はしている
しかし、ここで紹介するのは取り付けがいたってシンプル(簡単)
そのシンプルさゆえにお値段がとってもリーズナブルで驚きます 



↓ その驚愕のお値段は ↓




ライトシャイナー


その名は
  「ライトシャイナー」

同等の明るさで、従来よりも天井照明を減らすことができるため、電気料金の削減になり、「ライトシャイナー」購入時にかかる費用は、1年以内に全額回収できます。(外部環境・枚数によりことなります。ご購入前にご確認ください)

とのことです。

既に蛍光灯を間引き、緊急節電にご協力いただいている事業者様

「ライトシャイナー」にて明るさを補ってください。

ご興味のある方、詳しく知りたい方は私、藤原までメールにてお問合せください

というのも、「ライトシャイナー」の製造元も販売元もどちらも私の古くからの知り合いですので、「ブログ見ました」とメールにていただけるとお得なことがあるかも知れませんよ 

そして私はサンプルを入手し、実際その効果をこの目で確かめ
手持ちの照度計にて照度を測定し、照度が約30%強アップしたのを確認しました。



Mcpet_2





Mcpet_3



上は「ライトシャイナー」を取り付け前です、逆富士型一灯タイプで天井面に光が逃げて非効率の状態であります
下のように「ライトシャイナー」を取り付けると、光は下に向かって拡散反射しますので、机上面はより効率良く明るさが増します。


そして、次の写真をご覧ください↓


Mcpet_4



我が家の台所の蛍光灯です
まな板を置く包丁を扱う手元を照らすとっても大切な明かりです、安全面から特に。

余ったサンプルをハサミで切って反射板として入れ込みました
簡単にハサミで切れ加工が容易と言うことも「ライトシャイナー」の特徴としてあげられます。

これで、奥様に喜ばれおかずも一品増えるという算段です。



※おしらせ
蛍光管の間引きで節電を実施の場合、定格電流値より大きな電流が流れる照明器具(安定器)があることや、その効果も点灯方式などにより異なることがあるとのことです。
詳しくは電気の専門家にお尋ねいただくか、参考として日本電球工業会ホームからhttp://www.jelma.or.jp/05tisiki/pdf/guide_ant_06.pdfなどをご覧ください。




ブログランキング・にほんブログ村へクリックするとランキング応援票になります/コンサルタント・コーチ環境情報
[2011/05/27 23:11] | 環境話題 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
エコオフィス/エコ 工場EXPO
こんにちは、FM放送局唯一のパーソナリティ
ファシリティマネジャーの藤原雅仁です。

先週、東京ビッグサイトにて開催された「エコオフィス/エコ 工場EXPO」に行ってきました
どうしても目についてしまったのは、LEDを扱っているブース。

エコオフィスということで、電球型は少々でほぼ直管蛍光灯形LEDでした
ここぞとばかりにいろいろ質問やお話を聞かせていただき勉強になりました。

蛍光灯形LEDの消費電力は通常の約50%
オフィスにはたくさんの蛍光灯がありますので、いっきにLED化すると節電効果は劇的です
そのための投資もいっきに掛かります、なかなか決断が難しいですね。

その他、ソーラーパネル・小型風力発電・植物野菜工場などを展示していた環境商社・コンサルティング企業のブースでは、イスに腰掛けじっくりとお話を伺うことが出来ました。
震災後は特に新エネ、創エネ、蓄エネには敏感な私でした。


ブログランキング・にほんブログ村へクリックするとランキング応援票になります/コンサルタント・コーチ環境情報
[2011/05/20 17:52] | セミナー | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
今年のFMer試験の受験申込期限迫る
こんばんは、FM放送局唯一のパーソナリティ
ファシリティマネジャーの藤原雅仁です。

JFMA事務局長お知らせメールより

 資格試験受験申込み期限が、来週木曜日(26日)に迫りました。過日、下記メイルでご案内しております。ぜひ受験をお薦めください。

---------------------------------------------------------
 震災発生から、ほぼ2ヶ月が経過しました。被災地の皆様には、復興へ向けて懸命の努力をされておられます。JFMAも出来る限りのご支援をさせていただくべく、行動していく所存です。

 さて、震災後、建物等ファシリティについて、防災、環境、省エネ等、幅広い分野を総合的かつ統括的に視野に入れて管理するファシリティマネジメント(FM)の手法の必要性と重要性が、ますます注目されております。FMの専門家である「認定ファシリティマネジャー」は、企業、大学、病院や自治体等において、その需要はいよいよ高まりつつあります。公共機関や企業が発注する建物維持管理業務等において、入札応募条件として「認定ファシリティマネジャー資格者を備えること」を条件とする事例も多くなってきています。

 JFMAは、1997年以来、毎年1回、「認定ファシリティマネジャー資格試験」をすでに14回行い、昨年までに約1万名の試験合格者を日本社会に送り出してきております。

 合格が容易な試験ではありませんが、著しい難関というわけではありません。例年、受験者総数の40%前後の方が合格されています。

 また、この試験に合格してCFMJ資格登録すると、IFMA(国際ファシリティマネジメント協会:米国に本部)が発行するCFM(認定ファシリティマネジャー国際資格)も同時に取得できます(IFMAとJFMAは資格の相互認証を行っています)。

 本年度の試験は、下記のとおり行われます。「認定ファシリティマネジャー」資格をまだお持ちでない方、ぜひ取得に向けて、チャレンジしてください。また、人材育成の観点から、所属される組織内で、周辺の方々にぜひ資格取得をお薦めください。

-------------------------------------------------------------
□ 認定ファシリティマネジャー資格試験 ご案内 (受験申込み受付中!)

a.. 試験日 : 平成23年7月10日(日)
b.. 試験会場:  東京 大阪 札幌 名古屋 福岡
c.. 合格発表:  平成23年9月1日
d.. 受験申込:  平成23年4月1日~5月26日
e.. 受験資格制限: なし(どなたでも受験できます)
f.. 受験申込方法: 下記、JFMAホームページの申込みサイトから簡単に行えます。

g.. 受検申込サイト ↓
https://www2.jfma.or.jp/examination/
a.. 資格試験の詳細案内はこちらをごらんください。 ↓
http://www.jfma.or.jp/qualification/page3.html

a.. お問い合わせ先:
   JFMA事務局 担当 本多  tel 03-6912-1177 e-mail  info@jfma.or.jp
---------------------------------------------------------------


今年の受験を迷っていて
色々検索しているうちに当ブログにたどり着いてしまった あなた 

これも何かのご縁
受けちゃいましょ!

とりあえず、もうしこみ もうしこみ




ブログランキング・にほんブログ村へクリックするとランキング応援票になります/コンサルタント・コーチ環境情報
[2011/05/17 23:20] | 最新情報 お知らせ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
環境部会定例会(41)出席報告
こんばんは、FM放送局唯一のパーソナリティ
ファシリティマネジャーの藤原雅仁です。

少々日にちが空いてしまいましたが、前回のJFMA環境部会定例会について
GWになってしまい頭のタガがゆるんだのか、記憶に薄っすらと霧がかかってしまったので、ご報告についてはさらっと・・・GW前に日にちをおかずにUPしとけばよかった・・・反省 

内容としてはやはり夏場に向けての「節電」について(だけではなかったです)
企業は25%ということでしたが、どうも15%になりそう?
でも、基本的に25%を目指すということで取り組んでおられるという委員の方からのご報告。

現在取り組み中の施策について説明いただきました
例えば・・・

・空調の設定温度の見直し運転 削減率大きいです
・電灯の間引き&OA機器の稼動間引き 上とあわせて2大削減頭ですね
あとはエレベーターについての稼動間引き など諸々で△25%達成とのことです。

実際やられていて、執務スペースの作業効率はどうなのか?
電灯の間引きについて照度的には確かに750Lxでなくても、300~400Lx位でも十分ではないかと、ただし、エリアや照明スパンごとにスイッチによるオフをしてしまうと、デスクのレイアウトによって明暗ができてしまい作業効率に影響を及ぼすことが有るとのこと。

したがって、レイアウトに合わせて照明器具を取り外すことが有効だと思われる
しかし、大きなワークスペース程、取り外しの手間がかかる
外光の差込みの時間による違いに考慮する必要もあるため、午前中は取り外していても支障がなかったが、午後になり照明が無いと暗すぎ支障が出るのでまた取り付けるということがおこる。

オフィスのレイアウトに携わる私としては、スペース削減のためのフリーアドレスだけではなく
節電、省エネルギーとしてのフリーアドレスを考え、提言していきたいと思った。

話は変るが・・・

━▼2.【受付中】JFMA第3回緊急節電セミナー 6月1日開催(受講申込み受付中)★━━━
日時:2011年 6月1日(水)10:00 ~ 16:00 
会場:タワーホール船堀 5階 大ホール (東京都江戸川区)
定員:先着順 750名 (定員になり次第締め切ります)
参加費:1,000円
http://www.jfma.or.jp/news/setsuden/FMseminar110601.html

前2回が盛況だったんですね、3回目開催決定です
残念ながら参加できなかった方、チャンス到来ですね!!
あと、省エネセンターからも案内が来ました↓

■財団法人省エネルギーセンターからのお知らせ
・産業・業務部門向け「緊急節電セミナー」開催のご案内
 日時:平成23年5月12日(木)10:00~17:30
 会場:ゆうぽうとホール(品川区西五反田8-4-13)
     JR・都営地下鉄浅草線「五反田」駅より徒歩5分
     東急池上線「大崎広小路」駅より徒歩1分
 ※ 受付開始時間:9時(定員1500名)
 事前申込必須
 申込み方法:“インターネット申込”からお申し込み下さい。
          (お申し込みはWebからのみとなります)
 参加費 (資料代等):2,000円
             【重要】事前振り込みとなります。(振込手数料
はご負担願います)
 振込先等の詳細はお申込いただいた方へご連絡いたします。
 申込み/問合せ先 財団法人省エネルギーセンター
             国民活動総括部 担当/畠中 e-mail:
powersaving@eccj.or.jp
             〒104-0032 中央区八丁堀3-19-9 ジオ八丁堀(4F)
             TEL:03-5543-3155
 http://wwwww.eccj.or.jp/cgi-bin/form/mail.cgi?id=seminar110512







ブログランキング・にほんブログ村へクリックするとランキング応援票になります/コンサルタント・コーチ環境情報
[2011/05/06 22:43] | 環境部会 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。