FC2ブログ
グロースファクター 薄毛対策
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
ゆく年くる年
こんばんは、FM放送局唯一のパーソナリティ
ファシリティマネジャーの藤原雅仁です。

2011年最後の日
今年は本当にさまざまなことがありました

明日は2012年最初の年
大きな安心、安定、安全を祈願しまして
新しい年を迎えたいと思います。

今月20日に行われた環境部会定例会(48)出席の報告としまして
簡単に・・・

議題は2012ジャフマフォーラムの部会発表について
タイトル:(仮)ピーク電力カットと省エネルギーへの取り組みと課題

日時は2012年2月10日(金)10:20~11:20
会場のタワーホール船堀内2Fにある福寿にてが、環境部会の発表の場になります。

フォーラム自体は8日~10日にかけて行われます
※詳しくはジャフマWEBサイト⇒http://www.jfma.or.jp/FORUM2012/
をご覧ください。

それでは、皆さま
よいお年をお迎えください 







ブログランキング・にほんブログ村へクリックするとランキング応援票になります/コンサルタント・コーチ環境情報



スポンサーサイト
[2011/12/31 23:05] | 環境部会 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
環境部会定例会(47)出席報告
こんにちは、FM放送局唯一のパーソナリティ
ファシリティマネジャーの藤原雅仁です。

もうさんざん使い古された書き出しですが・・・
早いものでもう師走、光陰矢のごとし、まさに早すぎる 

さて本日の放送は、もうすでに二週間ほど温めてしまいましたが
先月の環境部会定例会の出席報告です。

A社の環境マーケティング部 環境制御グループに在職のゲストによる
今夏の電力需給対策における「A社研究施設での節電事例」と
空気調和・衛生工学会においてゲストが研究参加されている
「居住者満足感に基づく変動空調制御技術の開発」

・(第1報)室温変化に対する居住者の申告特性と作業効率の分析
・(第2報)気流変動制御が居住者の心理・知的生産性に与える影響

という2つのテーマについて発表していただきました。

まず、自社節電事例については単体研究施設棟(一般自社ビルと比較して、30%省エネ。4年前の竣工時において設備が最新鋭にも関わらず)について、最大電力は50%OFFが目標。
研究施設全体での節電方針は「20%の節電」そして「居住者の生産性の維持」がかかげられたそうです。

最大電力50%OFFが目標の単体研究施設棟では、発送の転換として
「省エネ」ではなく「節電」→電力時刻ピークシフト(蓄熱利用)
「積算量」ではなく「瞬時」→デマンド制御



①氷蓄熱有効活用(フル活用による、9~20時の空冷チラー完全停止)
②躯体蓄熱有効活用(早朝6~9時は空冷チラーにて必要分予冷し氷蓄熱の負荷軽減)
③電力デマンド制御の利用(電力デマンドプログラムの用意、必要な時に効果的に)


居住者の節電意識を利用→節電に協力したくなる仕掛け、節電努力のインセンティブ



①電力見える化システムの構築(業務用PCからIT経由で常に電力使用状況が確認可能)
②照明を消せば消すほど、空調が強くなる制御方法(節電⇒涼しい⇒快適⇒協力的になる)
③点けたり消したりしやすい照明操作の導入(Web画面で、自分の居場所のオンオフ)


我慢を強いるだけではない節電インセンティブは面白いですよね、実際も高効果だったそうで、この建屋だけでおおよそ40%以上の節電達成されたそうです。もともと環境制御技術に優れるA社の研究施設ですから、設備は整っていたわけで、ほぼ運用改善だけでの成果ということです。

乾いた雑巾もまだまだしぼれた

この夏以降よく耳にしたフレーズです、工夫次第でまだまだいけるということですね!!

空気調和・衛生工学会の発表についてもそれにつながるヒントを研究されています
省エネルギー性と知的生産性を両立する空調制御技術を開発することを目的とされています。

室温を26℃と28℃の間で変化させる変動空調制御が、省エネルギー性の向上と快適性の両立に有効であるととの前研究知見に基づき、変動設定を幾つかのケースにより作業効率実験を行ったというものでした。

心理的な要素もからんでくることでもあると思いますが、なかなか興味深くその研究結果が今後どのようにいかされてくるのか楽しみにしております。




ブログランキング・にほんブログ村へクリックするとランキング応援票になります/コンサルタント・コーチ環境情報


[2011/12/05 14:52] | 環境部会 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。