FC2ブログ
グロースファクター 薄毛対策
スマートプロダクツ展
こんにちは、FM放送局唯一のパーソナリティ
ファシリティマネジャーの藤原雅仁です。

本日の放送は先月に行って来たスマートプロダクツ展についてです

20120921スマートプロダクツ展にて


スマートな生産品、上の写真はスマートモビリティ
いろんな電気自動車が展示されていました、小さくって可愛いやつとか

スマートプロダクツなので環境・省エネ系だけではなく
様々な業界の製品が出品されていました、残念なのは詳しく見る時間が無かったこと

思いもよらない発想や技術によりスマート化した物が何かあり
それにより新しいヒントが見つかったかも・・・残念!!

以前の放送で何にでもスマートとさえ付ければ成立しちゃうのかな?と言いましたが
全ブースを巡ってスマート化度をチェックして採点してみるなんて見方もあったよね
なんだか楽しそうだけど大変そう・・・人手があれば可能かも

これってまた来年もあるかな?スマートプロダクツ展って
あったら、暇人な有志を募って・・・でも、なんの足しにもならないね 

さて、その日の私のお目当ては「電力技術懇談会シンポジウム」
4時間に渡り拝聴することでした。

数あるスマートの中でも最も興味がある「スマートコミュニティ」についてのお話しを
特に期待しておりました

・挨拶講演―「災害に強い町づくりとスマートタウンを目指して」

・来賓講演―「我が国のスマートコミュニティの取組」

・講演【1】-「スマート社会の実現に向けた要素技術の開発動向」

・講演【2】-「太陽光発電有効活用に向けた電気自動車運用方式の効果分析」

・講演【3】-「スマートビル化に向けた取組」

・講演【4】-「ゼロエネルギービル実現のため4つの要件」

・講演【5】-「スマートコミュニティの実現に向けて~静岡市における取組~」


以上の内容でした
期待するのもおわかりいただけると思います。

まあ、まあ、細かいことはさておき、置いといて

挨拶講演の中に出てきたワード「クラスター」
クラスター爆弾というきな臭いもの想像してしまいましたがもともとの意味は「房」だそうです。

地域間エネルギー融通とクラスターの形成、からの
クラスター拡張による電力供給ネットワークの形成と系統連係

地域によりそれぞれの特性があるため、それぞれの特性によりクラスターを形成し
クラスター単位で連係するということと理解し
これにより私の中にずっと引っ掛かっていた疑問が解決したような気がします。

町内会・地区・区・市等どんどん区切りが大きくなり最終的には地球・宇宙・・・
スマートコミュニティの単位はどのレベル?
これは、最適な電力供給ネットワークレベルで、その規模の大小はあるにしても。

あとはその特性によりクラスターを形成し・・・でもどうしても相容れないといったような
ものも出てくると思うので、その場合は相容れるもの同士で形成する

後の講演を拝聴していても概念や技術的なお話しが目立ち
その中で暮らし、活動する人間の話が見えてこないのが残念で、そこが知りたいです。

まだ新しい取組で実験段階中なのでまだまだ声を拾えてないのでしょうか?

これからスマートコミュニティが進展して行くには概念・技術始動から

いずれは人と人との「つながり」に落ちてくる、だってコミュニティてそいうものでしょ。

そこで、私は間に入って「つなげる」人になりたい 

例えば、前述のクラスターを形成する際に相容れないもの同士を
それらを別々にしても支障が無ければ構わないが、一緒にした方が効率的だったりしたら
それらを「つなげる」

また、クラスター内をより効率的にするために人々の意識を「つなげる」
などの際にお役に立てるのではないか。




ブログランキング・にほんブログ村へクリックするとランキング応援票になります/コンサルタント・コーチ環境情報



スポンサーサイト



[2012/10/01 16:01] | セミナー | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム |