FC2ブログ
グロースファクター 薄毛対策
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
認定ファシリティマネジャー資格試験  申込締め切り 6月1日
こんばんは、FM放送局唯一のパーソナリティ
ファシリティマネジャーの藤原雅仁です。

本日の放送は、認定ファシリティマネジャー資格試験、申込締め切りまであと一週間
もし、どうしようか悩んでいる方がいたら、背中押します↓↓↓↓↓↓↓↓

 認定ファシリティマネジャー(CFMJ)資格は、1996年、JFMAが経済産業省・国土交通省の認可により社団法人としてして設立された以降、毎年1回行われる試験合格者に発行されてきた、我が国唯一のファシリティマネジメントに関する公的資格で、試験合格者はすでに1万2千名を越え、資格登録者数は6千5百名を数えます。

 この資格は、医師、弁護士、建築士のような法律に基づく業務独占を伴う資格ではありませんが、ファシリティマネジメントに関する十分な知識と経験を備えた人材であることを客観的に示すことができる権威ある資格であり、公私の組織が発注する施設維持管理等の業務受注に際し、認定ファシリティマネジメントの配置を条件づけるところが増えてきています。

 さらに、本年度から政府が進める「インフラ長寿命化・強靭化計画」の実現に当たっても、認定ファシリティマネジメント資格者、数千名の活用が期待されています。

 また、急速にグローバル化が進展する中、2016年の発効を目途に作成が進められている「国際標準ISOファシリティマネジメント」においても、「ファシリティマネジメントに関し一定の知識・経験を有する者」としてこの「認定ファシリティマネジャー資格者」が位置づけられる可能性があります。

 本年度の「認定ファシリティマネジャー資格試験」は下記のとおり実施されます。まだ資格取得されていない方は、ぜひとも受験にチャレンジされることをおすすめします。すでに取得済みの方には、所属組織におかれまして、人材育成の一環として、また組織のポテンシャル向上のため、組織内での資格取得のPRを行っていただきたく、ご案内を申し上げます。

受験資格はありません。どなたでも、すぐに受験することができます。試験は、易しくはありませんが、極端に難しくはありません。例年、受験者のおよそ40%の方が合格しています。


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
                         記

平成26年度 認定ファシリティマネジャー資格試験 ご案内

1. 試験実施日時 平成26年7月6日(日)9:30~17:00

2. 試験会場 東京 大阪 名古屋 札幌 福岡 仙台 広島 金沢 高松 

3. 試験科目と時間割
   
(1)FMの概論   80分  9:40~11:00   
(2)FMの実務 I  80分  11:25~12:45  
(3)FMの実務 II 80分  13:45~15:05  
(4)論 述     90分  15:30~17:00  

4. 受験料    21,600円(消費税込)

5. 受験申込はこちらから ↓

https://www2.jfma.or.jp/examination/


★ 詳細なご案内 ↓

http://www.jfma.or.jp/qualification/page3.html

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++


以上、JFMA事務局からのメールでした。

私の場合の、試験勉強についての過去放送は → こちら

そして、過去問の最新版はこちら ↓

最新4か年 認定ファシリティマネジャー資格試験問題集 平成26年度版最新4か年 認定ファシリティマネジャー資格試験問題集 平成26年度版
(2013/12/26)


参考図書を見る



おっと、光陰矢のごとしで、先月の環境部会定例会出席報告あげてないうちに
もう明日、今月の定例会
ということで超~簡単に「環境部会定例会(73)出席報告」

テーマはESCO事業について
何故ESCO事業は思ったより普及していないのか
ということを、なんと、a社においてESCO事業に携わっておられる方をお招きし
ざっくばらんに語っていただきました。

問題点のひとつは「与信」、やはり、リスクの問題

ESCOにはギャランティード・セイビングス契約とシェアード・セイビングス契約とがあり
前者は、資金調達・設備所有者は顧客となり
後者は、両方ともESCO事業者で、最近はこちらの方が多いとのこと。

老朽化した従来設備が刷新され、エネルギー使用量も削減できる
顧客からしたら美味しい

でも、事業者からすると・・・それほど美味しくはないのが実情らしい 

うまくいかないね。


ブログランキング・にほんブログ村へクリックするとランキング応援票になります/コンサルタント・コーチ環境情報
スポンサーサイト
[2014/05/26 21:47] | 最新情報 お知らせ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
nbc-3_2 続:中国(上海)出張の記録
こんにちは、FM放送局唯一のパーソナリティ
ファシリティマネジャーの藤原雅仁です。

本日の放送は、間が空きましたが前回放送の続きです。


到着したその日のうちに連れて行かれたのは浦東新区、肌で感じた上海の勢い!
森ビルやら、東方真珠塔やら、やたら高層ビルが建ち並び夜景がめっちゃきれいな地区、グランドハイアットの87階ラウンジにて、社長のところの現地法人上海勇和松商務咨詢有限公司の総経理と、日本から来ていた人材派遣業の社長さんと顔合わせ。その夜は、お茶だけで解散、実際に泊まる安宿へ。

15日(二日目)

朝食の後、地下鉄にて上海大学へ、社長旧知の実力者カウンターパートに会いに
…とってもリーズナブルなお値段なのに、宿の隣の飯屋にて朝食バイキング付でした

上海大学敷地内にある電子技術会社の董事長に
日本の省エネ環境技術の中国への可能性を調査しに来たと紹介していただき
数日前まで行かれていた、福建省における貴重なお話を仕入れることができました。

次に訪ねたのは、SI企業の総経理
ここでは、日本から持参した約40点のECO商材のパンフなどを整理したファイルをご覧いただき、それぞれの中国での可能性についてコメントをいただきました。

例えばフィルターなどちょっとしたグッズの現物を数点、サンプルとして持ってきていたので、これには、なかなかくいつきもよく、すべてスマフォで写真を撮っておられました。
というのも、そこは国内ECのアカウントをお持ちで、サイトで扱うにはうってつけの商材になりそうな気配。

そしてその後は新幹線「和階号」にて常州へ






中国は広いから、地方都市の事情を見ておくのも必要
かえって、上海のような大都会より、そちらのほうがはまることもあるかも
といっても、新幹線で約一時間の距離。目的は、日本人駐在員の方との面会、情報収集。

常州駅近くの開発地区、日本企業も多く進出している
社長の前職関係の方々と夜を徹して親交を深めました
もう、翌朝には上海にもどり、一晩のみの滞在という慌しさ
上海とは違う雰囲気も気に入り、今度機会があったら、中心街も見てみたいと思いました。





16日(三日目)

上海にもどり、今日は今回の中国出張のメインイベント
上海市臨港商務咨詢有限公司・上海森源科技発展有限公司の董事長と省エネ担当顧問高級工程師の方とお会いし、持参した省エネ環境商材のプレゼン。





さすがに、いろいろとご存じで、かなりの質問を宿題として持たされました
とにかく、好意的に話を聞いていただき、日本の省エネ環境技術に対する大きな期待を受け取り、今後のお付き合いに向けての協力関係が築けるとを確信しました。

夜は、上海で貿易会社の総経理をしている、私の古くからの友人と関係者と会食
ヤマ場を乗り越えた解放感で、乾杯!!


17日(四日目)

この日の予定は、昼前に新幹線にて蘇州に移動
その前に、二時間ほどフリータイムが取れたので、頼まれていたお土産を買いに
幸い、歩いて行ける距離にそれを扱う店があったので無事ゲット。




生憎の雨になってしまったが、ひとりのびりそぞろ歩き



スタバでコーヒーも飲んだし、唯一のびりした時間でした




社長と上海駅で待ち合わせ、蘇州へ向け出発




私の目的は精密機械部品製作加工企業の工場見学でしたが、メインは社長のコンサル業務の打ち合わせで、それに便乗して製造現場の現状を見せていただくことに。


現地でコーディネイトの方々と合流し、着いたのは蘇州市博場精工有限公司
外見は新しく、想像以上でした。




総経理の話にも、クライアントのほとんどは日本の大企業とのことで、その確かな技術力が言葉の端々に現れておりました。中国品質?いやいやここには日本品質に負けないものがあるようです。
実際、生産現場を拝見したら驚き、たぶん日本のそれ並みに整理整頓されていて、管理体制・システムにしても無駄が無いように感じました。この工場に関して言えば、見事に私のそれまでの中国生産現場のイメージを覆してくれました。というより、私の認識不足を痛感しました、ここに来なければ私の頭の中は20年前のままだった。

日本企業が陥りがちな、都合の良い思い込みと

思い上がりが頭を固くすると悟りました






上海にもどると、知り合いの日本企業が最近開いた、現地法人の総経理と打ち合わせ
私も初めてお会いする方ですが、日本の方です。
JFMAの環境部会でご一緒させていただいている方の会社で、その方自身も昨年秋まで上海に駐在されておりました。そのご縁で日本を発つ数日前に横浜でお会いし、今回の出張をより有意義なものにすべくアドバイスをいただいておりました。そこで、上海に設立したての現地法人のご案内をいただき、お互いアライアンスできるところを探るための打ち合わせとなったのでした。
そこは、既に日系企業向けの省エネ診断、提案を進めていて今後の協力関係についての話ができました。なにより、現地での実績と経験の話は貴重な情報でした。

18日(五日目)


明け方五時半にチェックアウト、帰るだけ。


今回の出張は、あわただしくも有意義、20年前の頭を新しくした
惜しむらくは事前にMyノートに書き出していた5項目のうち、4と5がほぼ出来なかったことと、3がいまいち突っ込めず情報が取れなかったこと。でも、これは次への課題となる。それは6月中旬の予定だ。
すでに、今回の出張でのインスピレーションを受けての新たなアイデアも実現すべく、現在進行中。



こうご期待!!







ブログランキング・にほんブログ村へクリックするとランキング応援票になります/コンサルタント・コーチ環境情報

テーマ:環境ビジネス(エコ×ビジネス) - ジャンル:ビジネス

[2014/05/13 17:24] | ビジネスチャレンジ記録 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。