FC2ブログ
グロースファクター 薄毛対策
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
COOL CHOICEへの賛同登録しました
こんにちは、FM放送局唯一のパーソナリティ
ファシリティマネジャーの藤原雅仁です。

食品ロスなし

ご存知ですか?

COOL CHOICEとは、気候変動対策及び温室効果ガス削減をテーマにした2030年まで継続する新国民運動です。

国民運動なんだ、なんとなく耳にしたことがあるような、ないような
そんな人が多いのではないでしょうか?

COOL CHOICEスローガン

未来のために賢い選択をしよう


意識するとしないとでは、多少なりとも違うと思うので

株式会社エネショウは賛同登録しました。

興味を持たれた方は 環境省ページへGO!
http://ondankataisaku.env.go.jp/coolchoice/

あなたの、今日のCOOL COICEは何ですか?



ブログランキング・にほんブログ村へクリックするとランキング応援票になります/コンサルタント・コーチ環境情報

スポンサーサイト
[2017/03/31 17:46] | 最新情報 お知らせ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
環境部会定例会(2017.03)出席報告
こんにちは、FM放送局唯一のパーソナリティ
ファシリティマネジャーの藤原雅仁です。

建築イメージ

昨日、JFMA会議室にて行われた
3月のエネルギー環境保全マネジメント研究部会

工学院大学 建築学部 横山計三 教授に
Embodied Energy/GHG(Co2) Emissions(略してEEG)の最近の動向
というお題でご講演いただいた。

日本における建築に関するエネルギー消費・Co2排出量は
全体の何%と言われているかご存知でしょうか?

  40%

占めているとのこと ((((;゚Д゚)))))))

① 建築資材を調達して、建設して

② 完成したら運用して

③ 寿命が来たら壊して

どこまで含めるかによるが、基本的に①の部分が
Embodied Energy(内包エネルギー)といわれる
※②の維持管理のための改修や修繕に供される資材を含める考えもある

現在②の部分では今後、省エネやZEB化などが進めば
①の部分が重要になって、EEG削減を目指さなければならない。

建物のライフサイクルから考えて、効率的にエネルギー消費、GHG排出を考えるのであれば「省エネ・省資源・長寿命化」。そのために横山教授は国際エネルギー機関(IEA)において、EEGの計算手法・削減手法の確立に取り組まれている。

カーボンフットプリントは最近どうなったのか

COOL CHOICEってご存知?

使うときの省エネは意識できるけど、そこに至るまでのプロセスは意識してないなー

ってことです ───O(≧∇≦)O────


ブログランキング・にほんブログ村へクリックするとランキング応援票になります/コンサルタント・コーチ環境情報

[2017/03/29 17:52] | 環境部会 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
「家庭のエネルギー調査(HEMSデータ収集)」 調査について―②
HEMSイメージ

こんにちは、FM放送局唯一のパーソナリティ
ファシリティマネジャーの藤原雅仁です。

本日の放送は、前回に引き続いての

「家庭のエネルギー調査(HEMSデータ収集)」 調査について―②
として、ちょっと掘り下げます。

上の写真はHEMSのイメージです
ホームエネルギーマネジメントシステム

お家の電気配線回路ごとに分かれている子ブレーカ

それぞれに、流れる電力量が測れるセンサーを付けています。

写真は子ブレーカーの数が多いので比較的新しいと思いますが
我が家はたぶん上下合わせても12個くらいだったかな
しかも、回路があまり小分けになっておらず、全部で6回路分けで

6. その他(場所わからず)

5. 2階エアコン(これだけ独立しているのでありがたい)

4. 1階トイレ(これも独立してるけどあまり意味ない)

3. 1階台所・洗面・浴室(ダイニングの台所が独立してたらよかったのに)

2. 1階居間・玄関・廊下(居間が独立してればよかった)

1. 2階電灯・コンセント(部屋ごとに分かれていれば尚いいが)

未だ使用していない子ブレーカーがあるので、もっと小分けにしてもらいたいが
今からじゃ大事になりそうなのでこれで我慢するしかない

新築時になら、要望できただろうが
最近では、当たり前のように小分けにしてくれるのだろうか
たぶんそうだろう。

時間ごと

上のグラフは我が家の1月の平均的な一日の電気の使用パターン
こんなのが見えるようになるんだな

どこが一番使ってるの?

一目瞭然

2. 1階居間・玄関・廊下だな

深夜はゼロ、みんな寝に入るから、居間で寝てるやつはいない

でも、それ以外の時間帯はすべて使われている
なかでも7時、8時と22時、23時
前者は老母、後者は娘と家内の暖房(エアコン)だ。

娘と家内の場合はドライヤーを使用するのでなおさら消費量が多い

多いところから減らす、というのが鉄則なので、のびしろ大ですね

80過ぎの老母に「エアコンは控えめに」なんて言えません
そうなると、娘と家内に協力を伝えるしかありません・・・

こんな感じで、HEMSデータは使われるのですね


ブログランキング・にほんブログ村へクリックするとランキング応援票になります/コンサルタント・コーチ環境情報

[2017/03/28 14:32] | 家庭の省エネエキスパート【診断・指導級】 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
「家庭のエネルギー調査(HEMSデータ収集)」 調査
こんにちは、FM放送局唯一のパーソナリティ
ファシリティマネジャーの藤原雅仁です。

image表紙

「家庭のエネルギー調査(HEMSデータ収集)」 調査に協力してました

アンケートに答えたり、昨年5月から毎月ごとのHEMSデータを送信すること
それがひとまず今年の1月分を送ってひと段落したみたいです

現在、オンラインで我が家のエネルギー診断書というのが見られるようになりました

201701全体

↑ 1月の電力消費量です

類似世帯に比べて0.8倍ですが、標準的とのこと

世帯によって構成や環境などの違いがあるので、一概には言えないのですが
標準以上ではなかったので一安心といったところです

実は、節電を心掛けていた、というわけでは無かったのが本音です

震災から6年が経過し、省エネ機器が普及し、使用も推進されてきていますが
意識の問題はいかがなのでしょうか?

せっかく協力して得られた結果ですので、掘り下げて紹介できればと思います。


ブログランキング・にほんブログ村へクリックするとランキング応援票になります/コンサルタント・コーチ環境情報

[2017/03/14 14:56] | 家庭の省エネエキスパート【診断・指導級】 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。