FC2ブログ
グロースファクター 薄毛対策
ENEX2011
こんばんは、FM放送局唯一のパーソナリティ
ファシリティマネジャーの藤原雅仁です。

昨日は予定通り2つのイベントかけもちしてきました
電車の乗り継ぎ、乗り換えの多かったこと、たぶん同日におけるその回数としては今まで一だと思います(笑)まあ、そんなことはどうでもよいですが・・・とりあえず午前中にまわった「ENEX2011」について。



ENEX2011パンフ

↑昨日いただいてきたカタログ・パンフ類、業界誌も有り(重かった~)


もらいすぎました
いつもはセーブする(どうせゴミになるからと思い)のですが、ある意味環境行動とは相反するのですが、ついつい欲張ってしましました。しっかりと精読しけっして無駄にはしない!

ちょうど我が家に設置している省エネナビのメーカーが出店していて、ここぞとばかりに色々と質問させていただきました。おかげで「円」表示できるようになりました。ちなみにメーカーは中国計器工業株式会社という広島県の企業です、ありがとうございました。

ブースを一通りまわり「スマートハウスのエネルギー制御を支えるモデルベース開発技術」というセミナーに参加しました。モデルベースとは何ぞやということすら知らずにスマートハウスという言葉に惹かれイスにこしかけました。初めは技術的な苦手な話だな~なんて欠伸を噛み殺すのに必死でしたが、モデルベースの可能性とその合理的な考えがなんとなく判る様になると引き込まれました。

自動車の制御設計からはじまり、現在では福岡スマートハウスコンソーシアムにおけるインテリジェント電源をモデルベース開発手法により開発しているとのことである。
あまり難しい言葉を使っても自身でもわかりにくいので、私レベルで理解したことを簡単に言いたい。

とんちんかんだったらごめんなさい・・・

モデルベース開発とは「ヴァーチャル体験すること」である
実装の前の仮想で問題解決・付加価値付け・応用・見える化などの作業が行えとても合理的なツールで、これはスマートシティ開発の制御部分に利用できるんじゃない?

ということで、プロフェッショナルが福岡で集まっていっちょやるか!

まず、造ったのがミニスマートハウス。
実物が展示されていました、家の娘が小さい頃遊んでいたシルバニアファミリーのウサギの家みたいでした。
ミニスマートハウスで検証しスマートハウスで実証実験をされているところだそうです。

スマートシティの頭脳ですね。

モデルベース、その考え方は色々と応用できそうだな~と思いました。



ブログランキング・にほんブログ村へクリックするとランキング応援票になります/コンサルタント・コーチ環境情報
スポンサーサイト



[2011/02/09 23:25] | セミナー | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<ジャフマフォーラム2011 | ホーム | 明日は展示会とフォーラムかけもちの予定>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://fmerblog.blog61.fc2.com/tb.php/164-0f7e2a0e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |