FC2ブログ
グロースファクター 薄毛対策
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
LEDの購入時の注意事項 つづき
こんにちは、FM放送局唯一のパーソナリティ
ファシリティマネジャーの藤原雅仁です。

本日は、昨日の放送で中途半端に終わってしまった
「LEDの購入時の注意事項」についてです。

昨日はJFMAの環境部会の定例会でもあったのですが
やはり緊急節電について、それに伴い照明による節電の効果がかなり話題にのぼりました、やはりLED電球は現在品薄状態にあるとのことです。

そんなLEDの購入時の注意事項は「ルーメン値」をチェックすること!!

どういうことかと申しますと、ルーメン(lm)とは全光束という明るさを測る基準の単位で、ようはルーメンの数値が大きいほど明るいということです。

もともと40Wの白熱灯が付いていた所の電球をLEDに替えようと思い電気屋さんへ、売り場にはいろんな種類のLED電球が並んでいます。まずは口金のサイズ確認、E26だから間違えないで。

次に40Wの取替えだから40W相当とあるものを、でも値段にバラツキが
「おっこれは安い」他のは高いけどこりゃいいや!

家に帰って早速付け替え、ワクワクしながらスイッチオン!!
なんだか暗くない?思ったより暗いんだけど?
箱を確認すると40W相当って書いてある、間違いじゃない・・・

やっぱり安物だから?
値段が値段だし我慢しますか・・・

そして、月日は流れ数ヶ月後

「えっ LEDがもう切れてる、寿命が長いはずじゃ?!」

実際「NPO法人ソフトエネルギープロジェクト」の佐藤理事長の元には
”もう切れた””暗い”といった相談がよせられているそうです。

寿命に対するお値段に関しては売り場の方の話をよ~く聞いてご判断ください。

明るさに関しては箱に書いてあるルーメン(lm)値を忘れずにご確認ください
  日本電球工業会の資料による目安として↓

白熱電球30W なら LED電球325lm でほぼ明るさが同等

白熱電球40W なら LED電球485lm     〟

白熱電球60W なら LED電球810lm     〟

白熱電球100W なら LED電球1520lm     〟


とのことですので、ぜひご参考ください。


ブログランキング・にほんブログ村へクリックするとランキング応援票になります/コンサルタント・コーチ環境情報
スポンサーサイト
[2011/04/27 12:48] | 省エネ普及指導員関連 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top
<<環境部会定例会(41)出席報告 | ホーム | 部会、勉強会―LED電球のこと>>
コメント
LED
LEDの利点は省電力・小熱量です。
しかし弱点もあります。
1、埋め込み器具の場合、交換ごとに電気工事が必要(電球型は除く)
2、徐々に光度が下がるため交換時期が不明瞭
3、球及び蛍光灯タイプだと管球自体重く地震等で器具ごと落ちる可能性が増すこと

否定ではなく考慮の必要もありますね。
[2011/04/29 02:02] URL | 安乃雲 #- [ 編集 ]
ありがとうございます
安乃雲さん

またのコメントありがとうございます。

良い点だけに目を向けるのではなく、弱点も心得ておくことも必要ですね、補足ありがとうございました。
[2011/05/06 22:30] URL | ふじわら #Wcw3q8m2 [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://fmerblog.blog61.fc2.com/tb.php/186-46bf3efc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。