FC2ブログ
グロースファクター 薄毛対策
JFMA調査研究部会公開セミナー「運営維持手法研究部会」
こんにちは、FM放送局唯一のパーソナリティ
ファシリティマネジャーの藤原雅仁です。

今日はなんだか特別に寒く感じます、風邪の予感でしょうか?
気合で嫌な予感を吹き飛ばしちゃいましょう!!

さて、先月最終日のJFMA調査研究部会公開セミナー「運営維持手法研究部会」の巻
参加してきました。我等が環境部会ほぼ同様の出席者数とお見受けいたしました

どのような発表を拝聴したのかと申しますと・・・以下、当日レジメから

当部会では、『全ての施設利用者の視点に立ったファシリティの運営維持業務とその業務の定量的評価手法』に関する取組みを行っています。
ファシリティマネジャーがファシリティを良好に保つための目安となる品質(仕様や性能)のトランスレーション的な役割となる【『運営維持業務』評価の手引き】を提案しました。ファシリティマネジャーの方々に日々の業務の中で活用していただければ幸いです。


と、まずは”はじめに”の部分

ファシリティーに関わる様々なプレイヤーにはそれぞれの立場、ポジションがあります
ファシリティーを運営・維持・管理していくファシリティマネジャーにとっては
それらの多様性を理解したうえで日々の業務を遂行する必要があります。

そのためにはオーナー・ユーザー・パートナー等の総合的な視点になることが大切である
そこで、調査票や評価表を活用しそれぞれの立場に立って課題をあぶり出し
改善策を見出し最適化を目指す
どれかひとつに偏ることなく、Win-WinのPDCAサイクルをまわすということ。

まあ、基本的な私の理解はこんなとこでよろしいのではと思います
調査票や評価表の活用とはそんなことですよね

今までの業務の中での扱いは
私の経験ではオフィスのリニューアル前の現状調査として例えば
執務環境・デスク環境・ミーティングスペース環境・共用スペース環境・情報環境など
また、他部署とのつながり外部とのつながりについてのアンケート調査

そこからあぶり出された問題点を新レイアウトによって改善することによって
ユーザーであるワーカーが働きやすく生産性を上げられるオフィスを創る

そこには当然、経営側の視点(特に予算面)も関与し・・・
(パートナー側の視点も忘れずに  )

そんな感じで活用してきました。

今回のセミナーで気づかせられたのは
「話しのきっかけ」としての活用
それぞれのギャップをうめるためのツールとしての位置づけ

これは、使えますよね

いただいたレジメには調査票や評価表のサンプルがついています

現在、実証実験中の事例もあるとのことで今後
JFMAフォーラム等の機会で発表されるとのことでした。

せっかくのツールも使われなければ宝の持ち腐れで
経営層の積極的な関わりが重要で省エネ施策と一緒だと思い
ご挨拶代りにそこのところを質問させていただきました

閉会後、部会長とも名刺交換させていただいたので
そのうちオブザーバー参加させていただこうと思いました。






ブログランキング・にほんブログ村へクリックするとランキング応援票になります/コンサルタント・コーチ環境情報



スポンサーサイト



[2012/12/10 15:58] | FM全般 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<今年の省エネ先生 | ホーム | たまには気分をかえるのもいいものだ>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://fmerblog.blog61.fc2.com/tb.php/277-a397761b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |