FC2ブログ
グロースファクター 薄毛対策
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
環境部会定例会(2017.03)出席報告
こんにちは、FM放送局唯一のパーソナリティ
ファシリティマネジャーの藤原雅仁です。

建築イメージ

昨日、JFMA会議室にて行われた
3月のエネルギー環境保全マネジメント研究部会

工学院大学 建築学部 横山計三 教授に
Embodied Energy/GHG(Co2) Emissions(略してEEG)の最近の動向
というお題でご講演いただいた。

日本における建築に関するエネルギー消費・Co2排出量は
全体の何%と言われているかご存知でしょうか?

  40%

占めているとのこと ((((;゚Д゚)))))))

① 建築資材を調達して、建設して

② 完成したら運用して

③ 寿命が来たら壊して

どこまで含めるかによるが、基本的に①の部分が
Embodied Energy(内包エネルギー)といわれる
※②の維持管理のための改修や修繕に供される資材を含める考えもある

現在②の部分では今後、省エネやZEB化などが進めば
①の部分が重要になって、EEG削減を目指さなければならない。

建物のライフサイクルから考えて、効率的にエネルギー消費、GHG排出を考えるのであれば「省エネ・省資源・長寿命化」。そのために横山教授は国際エネルギー機関(IEA)において、EEGの計算手法・削減手法の確立に取り組まれている。

カーボンフットプリントは最近どうなったのか

COOL CHOICEってご存知?

使うときの省エネは意識できるけど、そこに至るまでのプロセスは意識してないなー

ってことです ───O(≧∇≦)O────


ブログランキング・にほんブログ村へクリックするとランキング応援票になります/コンサルタント・コーチ環境情報

スポンサーサイト
[2017/03/29 17:52] | 環境部会 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<COOL CHOICEへの賛同登録しました | ホーム | 「家庭のエネルギー調査(HEMSデータ収集)」 調査について―②>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://fmerblog.blog61.fc2.com/tb.php/390-7d4771dc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。