FC2ブログ
グロースファクター 薄毛対策
防災は「自助」「共助」「公助」
こんばんは、FM放送局唯一のパーソナリティ
ファシリティマネジャーの藤原雅仁です。

今回の放送は、前回放送の流れで防災についての続きになります。

近年の自然災害を取り巻く環境変化の要因として 気象変化 高齢化 都市化 があげられております。前回放送で取上げましたように地球温暖化による 気象変化 により自然災害の規模が拡大しています。

地方、山間部の 高齢化 が災害被害の拡大の一因になっております。というのも若手不足により森林等メンテナンスが行き届かなくなっているということ、また、住民相互の助け合いに支障をきたすということです。

都市化 の住宅密集による火災被害の拡大、造成宅地における地震に際しての液状化・崩落いよる被災拡大といった具合です。

統計によると
「近年の異常気象の頻繁化」を根拠(80%)に「災害リスクの認識が高まっている」(62%)のは事実です。もしもの際に役立つものとして「家族」(74%) 「自分自身」(64%) 「近所の住民」(43%)がベスト3で、役に立って欲しいものとして「行政」(74%)で実際役に立つもののベスト3にも入っていない「行政」(25%)に期待しているのです。当然のことであると思います。

防災は 「自助」の充実 「共助」体制の構築 「公助」の充実による後押し が大切なのです。
自らの日頃の備え、地域防災活動への参加、期待に応えるべく備蓄・情報提供・救助等体制の構築が各々に求められているのである。


ブログランキング・にほんブログ村へクリックするとランキング応援票になります/コンサルタント・コーチ環境情報
スポンサーサイト



[2009/11/17 23:17] | FM詳細 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<環境部会定例会(25) | ホーム | 防災問題と環境問題はあざなえる縄の如し>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://fmerblog.blog61.fc2.com/tb.php/53-023aa82b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |